ETC搭載の普通車両は土日に限り通行料金の上限が、大都市圏を越えた部分で1000円になる。
2年間の暫定で今年の3月中には始まるようです。
少し考えてみました。

◇渋滞と事故の増加
きっとそうなるよね。
高速料金が定額なら利便性の高い高速道路を使う人は増える。
今まで高速運転になれていない人も運転すると思うので、事故も増えそう。
これまでETCの深夜割引を受けようと、夜間から早朝の時間帯に走っていた人たちも、普通の時間帯走行に戻るかも知れません。
通行量が増えて渋滞でアイドリング増えれば、大きな括りでECOに反する(笑)

◇地方は活性化するの?
この制度は高速料金を安くして地方に人の流れを作り、その地方で消費してもらい活性化させる・・・があったと思います。
まあ、選挙目当て云々はおいといて・・。
土日の1泊で遠出するとなると、遠くてもICから1時間くらいがせいぜいよね。
この仮定だとこの範囲に人を呼び込める観光地や自然風景がないと効果は少ないような。
高速道路が通っていない地方には、この制度の寄与はないってことかいな。
そんな風に思うと「必要な道路は作る」と仰るセンセイの肩を持ってしまいます(笑)
地方活性化の目的であれば不公平感はあるかなあと思うのです。

道路は社会インフラなので無料だと思うのだけど、現在の不況対策や活性化の視点からは、この制度より物流貨物車を無料にした方が余程良いと思います。

◇この制度でどこが儲かる?

・ETCの普及促進でどこかの外郭団体とメーカー
・SA、PA
・タイヤ屋さん(笑)

◇どこまで行けば制度の恩恵はあるか
どこまでが東京大都市圏か調べてみました。
(通勤割引の対象外のICでした)

→関越道 東松山IC
→東名  厚木IC
→中央道 八王子IC
→東北道 加須IC
(これらのICまでは通常の料金が必要です)

さらにそこから先、通行料金1000円で行けるIC

・東松山IC → 赤城IC
・厚木IC →  大井松田IC
・八王子IC → 相模湖IC
・加須IC →  宇都宮IC

なので、このICから先に行くと恩恵があると言うことです。
(この解釈が違っていたらご指摘下さいませ)
↑この区間に誤りがありました。修正記事はこちら 2009/3/13

◇で、どうする。
制度には反対だけど決まったら使い、遠出を増やすと思う。
定額給付金と同じじゃん。決まったら貰うって(笑)
給付金を貰って、高速を使い地方に遠出して、温泉宿に泊まり、お土産もたっぷり現地で。
麻生さんの喜びそうなプランでしょうか(^^;;;
僕の考えるプランと少し違うなあ。

ガソリン代も、せめて現状維持が続きますように。