秋の雨を楽しむ

カヤノ平高原キャンプ場

2010/10/9-11


約5ヶ月ぶりのキャンプです。
引っ越しをしたので遊ぶ余裕はありませんでしたからね。
このくらい期間が空くとキャンプ歴が豊富でも、どんな道具がいるんだっけ?とか、何を食べたら良いんだっけ?とか、ちょっとは悩んだりします。

秋の3連休
どこに行こうかずいぶん悩みました。
第一候補は上高地の小梨平。黄葉がとても癒してくれるのよね。
でもここはオートキャンプ不可・・
オートキャンプでのんびりダラダラしたかったので候補落ち。
次は奥志賀高原のさらに奥、カヤノ平高原にあるキャンプ場です。
牧草地と道路までのエリアに広がるエリアにあり、視界も大きく開け開放感もばっちり。

天気予報はあまり芳しくなかったけど、雨も楽しむつもりで行ってきました。

奥志賀スーパー林道入り口案内奥志賀高原から野沢温泉に通じる「奥志賀スーパー林道」のほぼ中間あたりから、木島平村に向かう道を進めばカヤノ平高原に着きます。
土曜日の明け方の予報が完璧な晴天であれば、草津から白根山から渋峠を抜け、熊ノ湯を下り、蓮池から奥志賀に向かうルートを選択したでしょうね。
渋峠からのご来光と紅葉真っ盛りのルートですからルンルンなんだ。
でも、雨の予報・・・。
なので、オーソドックスに上信越道の信州中野ICで降りて、志賀高原に向かいます。
この道もスキーで幾度通ったことでしょう。
数え切れないほどのスキー場を横目に奥志賀高原の入り口に。
あと一ヶ月もすればスキーシーズンに突入ですね。

奥志賀スーパー林道はまだ舗装されていなく、ダートの林道の時に走ったことがあります。
紅葉のトンネルを走る道はとても快適。
これで晴れていれば・・。

1時間弱でカヤノ平に到着です。
8時過ぎなのに数組のテントが既に設営されていました。
イン・アウトがフリーなので夜中にでも設営したのかしら。

キャンプ場までのアプローチはここが最高かもしれません。
人工物をほとんど見ずにキャンプ場に到着できるのは大好き。
高速を降りて街中を少し走り、角を曲がったらキャンプ場に到着的なところはいけません。

受付を済ませ設営場所の選定・・・と言っても、平坦そうで静かな場所が欲しいので、テントサイトの一番端っこにしました。
ブナの巨木の傍らにね。
水場もトイレも徒歩5分くらいはかかるけど、求める静かさには代え難く。
心配していた雨も設営時には霧雨で、難なくランステを設営できました。

椅子にゆったり座り牧場の牛を眺めたり、目の前を流れゆく雲を眺めたり、昼寝をしたり。
怠惰すぎる緩い時間が良いよね。
自分たちの声さえ煩く感じるくらいキャンプ場全体が静まりかえっています。
夕方遅くには幕を打つ雨音が静けさを破るんだけどね。


日曜日は少しだけ晴れ。

朝食後にブナの林を散策に出かけます。
本当は有名な湿原を歩きに行きたかったけど、距離があるのと木道で滑る心配もあったので止めに。
最近は軟弱な我が家です(笑)

久しぶりに歩く土の道はとても心地よい。
落ち葉を踏み、黄、紅、緑の葉を愛で、毒々しいキノコに出会い。
やっぱり山歩きしたいなあ。

午後からは野沢温泉に下り、ホテルの日帰り湯へ。
ここでものんびりと。
野沢温泉もスキーで幾度も訪れ、懐かしい風景がたくさんあります。
毛無山の最上部にあるやまびこゲレンデ。
空と一緒に滑れたら幸せだなあ。

キャンプ場に戻ってくつろいでいたら、若者のグループが隣に設営を始めます。
今までが静かすぎたのか、彼らの話し声だけでも煩く感じちゃいます。
困ったものです。僕らがね(笑)

天の川もくっきり見える素敵な夜空でした。
隣の強烈なランタンと燃えさかる焚き火の明かりがなければもっとよく見えたかなあ^^
空が、星空がとても綺麗、と言ってくれたことだけで、キャンプで時間を過ごす趣味で良かったと思うのです。
「思い出はプライスレス」って秀逸なコピーだとしみじみと。

夜半からは本降りの雨に。
乾燥撤収はこの時点であきらめです。


暖房器具投入!
数年ぶりに焚き火以外の暖取りです。
キャンパーの間では「フジカちゃん」と呼ばれ愛用されている灯油ストーブ。
シェル系の幕体の中では威力を発揮します。
武井バーナー パープルストーブ301Aも使っていたのですが、ポンピングとかプレヒートとかが面倒になり使わなくなってしまいました。
こちらは火器好きなキャンプ仲間に嫁ぐことになってます。
フジカちゃんは灯油を入れ着火するだけの簡単さ。いや、便利です。
暖房するだけでなく上部のクッキングプレートを外せば、熱源が直に当たり煮物や炒め物の料理も出来るんです。
暖まってくると結露はどうしても出てくるので、今回はランステ内に置いたステラにもフライを被せておきました。

テントのそばで大きな声はやめようね早朝は多くのカメラマンが来ています。
牧場内にはブナの巨木が点在しているし、朝靄の斜光とか写真写りの良い素材が多いですからね。
キャンパーがテント内で寝ていようと、直ぐそばで大きな声で話していたり。
かなり迷惑・・・
人の振り見て我が振り直せってことですね。
同じく写真を趣味にしている者として気をつけようっと。
キャンプ場の受付に車中泊は有料ですって張り紙があったけど、カメラマンさん達が自由奔放に使っているからの規制なのでしょう。
キャンパーは利用料を払っているから規制もごもっとも。

牧場は道の行き止まりにあるのではなく、木島平村に下る道沿いにあるのでテントサイトの直ぐそばを車は走っています。
でもそんなの気になる台数ではないので全く問題はありません。

綺麗なトイレと水場、イン・アウトがフリー、オートキャンプ可、キャンプ場までのアプローチにも自然風景がたっぷり。
これだけ揃えば僕の基準では五つ星ですね。
隣のキャンパーの静けさ加減は時の運ですから(笑)

雨のキャンプはのんびりと。
トイレに行くのにもレインウエアを一々羽織り、牧草地は長靴が必須だとか面倒なことも多いけど、非日常の時間を楽しむ余裕で望めば気にもなりません。
天気の良いことに越したことはありませんけどね。

雨のキャンプはそれなりに楽しめますが、雨の撤収はいけません。
大きな幕体があると乾燥撤収は希望なのですが・・・。



雨に濡れたランステMは45lのゴミ袋に何とか収納できます♪

再訪したいキャンプ場リストに登録されました♪

秋の雨を楽しむ」への13件のフィードバック

  1. 木島平スキー場に向かっていると、村の中で、スキー場方面とカヤノ平方面に分かれる所があります。いつも冬に行くので、そこを右の方に曲がって行くのですが、いつか夏に(シーズン外)に来て行ってみたいと思ってました。
    最近、でっぱさんが、行かれたとつぶやいておられたので、レポートを楽しみに待っていました。
    秋以外でもなかなか良さそうな所ですね。
    私の行きたいキャンプ場リストにも入れておきます。
    レポートありがとうございました。

  2. ちなみに、あの赤い実は、ナナカマドだと思いますよ。秋の高原で最初に赤い実をつけて、葉も真っ先に赤くなる奴です。

  3. >stoneさん
    お気に入りのキャンプ場の一つになりました。
    周りのキャンパーの状況は時の運ですが、ロケーションは十分満足できると思います。
    平坦な場所は少ないですが・・。
    いつも木島平を通り過ぎて野沢に行っていました。メジャーなスキー場を外すことも必要ですね。
    今シーズンはどこでご一緒にパラレルで♪

    ナナカマド、言われてみればそうですね。
    ありがとうございました。

  4. リヤカー引かずにこの風景はご馳走ですね!w
    自由(フリー)を履き違えちゃってる人には困りますね。
    カメラマン…奥日光でもヒンシュクでしたね。
    菖蒲ヶ浜も初日は強風&豪雨に悩まされましたが日曜日はピーカン紅葉、
    夜は天の川がキレイでした。月曜日の撤収もピーカンカラカラでした。
    「雨なら雨を楽しむ」にも限度ありますしw、撤収は楽しめません…
    この点、奥日光でよかった(^_^;
    お疲れさまでした。

  5. こんばんは!すっごくそそられる風景のキャンプ場です。是非、行きたくなりました。 特にぶなの巨木に力を感じます。 ランステM1度は、放しましたが再購入考えてしまいます。(笑)Lでは、覆いすぎますし。 お譲りいただける方は、是非ご連絡を!

  6. キャンプだと雨は苦になりませんね、多分・・・
    雨の日の山テントは「苦」そのものですが(笑)

    非日常、と言う事がとっても重要です、私も。
    それにこれだけステキな装備のキャンプだったら、居心地いいですよね~~~~~~♪
    TVも何もない、ゆったりとした時間が流れていく贅沢な時間・・・

    確かに近所の声は良く聞こえますよね(ーー;)
    私も気をつけなきゃ、酔うと声が大きくなるから。

  7. カヤノ平高原キャンプ場、木島平の直ぐ近くだったんですね。木島平には幅の広い1枚バーンが多いのでスノーボードで白馬に次いで良くいきました。来年の季節に訪問決定です。(笑)

  8. >sabaaiさん
    もうリヤカーを引く体力もありません。
    月末のバックパックキャンプが思いやられます(笑)

    撤収時の晴れは重要だと再認識!
    室内でランステを乾かして畳むのがどれほど大変か。
    リビシェルの方が楽とちいにゃ様は愚痴っておられます。
    天気に恵まれて良かったですね^^

    >火器好きの兄さん
    ランステ欲しいの?
    あと10回くらい使ったら定価の一割引きで譲るよ♪

    きっと兄さんも気に入るキャンプ場だと思いますよ。
    新緑の頃に行きましょうよ。
    家族連れで(笑)

    カヤノ平は木島平からすぐですよ。
    志賀高原経由より近いかも。

    >cyu2さん
    ドコモも圏外だと下界と隔離されますね。
    これだけでも非日常です。

    いつでもお誘いしますから、豪華装備のオートキャンプで緩い時間を過ごしましょう。
    これから冬にかけてがキャンプのベストシーズンですからね。
    お酒はご自分で適量をお持ちください♪

  9.  ども、こんばんは。

     みねちゃんから今月末のお誘いを受けました。
     誰を連れていくかは未定ですが、どうぞよろしく。

     カヤノ平は、3年ほど前から候補地にあがっていながら、行けてないところです。
     あの大きな榧の木(?)、とってもいい感じのアクセントになっていますよね(^_^)

     ワタシはこの連休最終日、安達太良山に登ってきました。遅れていた紅葉が最盛期を迎えているとのことでしたが、午前中は山にガスがかかって、太陽が顔を覗かせたのはほんの数分ほど。せっかくの紅葉が輝きを失っていました(>_<)

  10. >恵李パパさん
    お久しぶりです^^
    そうですか。四尾連湖に参加なのですね♪

    カヤノ平、是非に訪れてください。
    他にもアクセントになるポイントが点在していますよ。

    安達太良山ですか。
    懐かしい^^
    一昨年行ったときは天気に恵まれて幸せでしたよ。
    麓の野営場も懐かしい・・

    紅葉は四尾連湖で期待しましょう。
    こちらは少し早いかもですが。

  11. でっぱさん、こんにちは♪
    今年の秋はキャンプ三昧ですね^^
    ところでこのカヤノ平キャンプ場?とってもいいじゃないですか~~!
    我が家では未訪のキャンプ場でした。
    牧草地(?)なのに車で入れて、適度に巨木も生えて
    出来るだけ自然に近い環境で、しかもイン・アウトがフリーだなんて最高!

    そう言えば、R太郎が中学へあがってから、オートキャンプはGWの1回だけでした。
    この先行けるのかなぁ~?寂しいーっ!

  12. 月末が待ち遠い・・・・・
    ここひと月はん!ストレス溜まりまくりです^^;

    焚火の炎を見ているだけで、癒されるのですが~--;

  13. >かわみんさん
    はい。
    歩きに行けない分キャンプ三昧ですよ~。
    元はオートキャンプ育ちですから(笑)

    ここは是非お出かけ下さい。
    雨の日は長靴をお忘れ無く^^

    空も部活とか始めたら一緒に行ってくれないんだろうなあ。
    今のウチに♪

    >みねちゃん
    あと10日の辛抱じゃ。
    薪をたっぷり用意しておいて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です