立場川再訪

立場川キャンプ場

2010/10/16-17

このキャンプ場でもう一度秋を感じてみたかった。
昨年より一週間早い時期での再訪は、紅葉の深まりはあまりなかったけど、松に絡みつく紅はよい色合いでした。
ネットの仲間達と年に一度のオフ会キャンプです。
関東と関西の中間地点でキャンプ場を選定してるのだけど、毎年キャンプ場の選定に悩んでいます。
続きを読む

秋の雨を楽しむ

カヤノ平高原キャンプ場

2010/10/9-11


約5ヶ月ぶりのキャンプです。
引っ越しをしたので遊ぶ余裕はありませんでしたからね。
このくらい期間が空くとキャンプ歴が豊富でも、どんな道具がいるんだっけ?とか、何を食べたら良いんだっけ?とか、ちょっとは悩んだりします。

秋の3連休
どこに行こうかずいぶん悩みました。
第一候補は上高地の小梨平。黄葉がとても癒してくれるのよね。
でもここはオートキャンプ不可・・
オートキャンプでのんびりダラダラしたかったので候補落ち。
次は奥志賀高原のさらに奥、カヤノ平高原にあるキャンプ場です。
牧草地と道路までのエリアに広がるエリアにあり、視界も大きく開け開放感もばっちり。

天気予報はあまり芳しくなかったけど、雨も楽しむつもりで行ってきました。
続きを読む

焚き火三昧

廻り目平キャンプ場

 2010/5/1-3

GWのキャンプ
出発時点においても行き先が決定していない状態って我が家くらいかなあ。
方向は決めていたけどね。車内でのMTGの結果、5年ぶりの廻り目平キャンプ場に決定です。
他の候補は全て予約不要で自然の豊かな所ばかり。
小野川湖畔の庄助キャンプ場、駒出池キャンプ場、松原湖高原キャンプ場が最終候補に残っていました。

首都高と中央道の双葉SAまでは後席で体を休め、以降の山道運転に備えます。
ICを降りてからキャンプ場までノンストップだった気がします。
信州峠を越えた辺りから野生の鹿と3回ほど遭遇しました。
左右によけてくれればよいのに進行方向に走り出すので困ってしまいます。
そう言えばキャンプ場には鹿のフンが至る所に^^

キャンプ場の駐車場ゲートには2:30位に着きます。
明るい月夜だったのでテントも設営出来たのだけど、数組のテントが既に設営されていたのでやめました。
しばし、車中で仮眠を。
続きを読む

焚き火で過ごす

立場川キャンプ場

 2009/10/24-25

この夏に訪れお気に入りとなったキャンプ場に再訪です。
昔からのキャンプ仲間達と久しぶりに会えるのです。
重厚長大のキャン道具を夜逃げのように車に詰め込みのキャンプを楽しんでいた仲間も、今はすっかりシンプルな装備になりテントも張らず車中泊派に転向?している。
それもいいっか。
ロースタイルで寛ぎ、日がな焚き火で遊び。
他愛もない話で笑い、物欲を刺激あい。
腹が減れば誰かが何かを作り。
薪拾いに歩き回り。
オープンエアーで季節を感じ。

そんな時を過ごしてきました。

続きを読む

山の懐にて

立場川キャンプ場

 2009/7/19-21

八ヶ岳・編笠山の登山口にある観音平
ここで車中泊をして早朝から登山をしようと思っていたら、強い雨と風、それに前日までは晴れマークも出ていた天気予報も曇り雨に下降修正されていました。
ちょっと様子見をしていたら携帯に留守電が。
キャンプ仲間からで「今、奥飛騨のキャンプ場で車中泊をしています。明日はどうするのですか?」と。
折り返し掛けてお互いの状況を伝え合い、どうするかを連絡することにしました。

1時間後
「この近くに気になっているキャンプ場があるからそこで一緒にどうですか?」
これで、4月のお花見キャンプ以来の再会となりました。
続きを読む

初秋の再会キャンプ

駒ヶ根高原家族旅行村アルプスの丘

 2008/10/4-5

恒例となった年に一度のグループキャンプ、今年も仲間との再会と食欲の秋を楽しんできました。
いつもは8月の1週目に行っていますが、今年は都合が付かずこの時期にずれ込んでいます。
一番暑い時期よりこの季節がキャンプには最適で、来年もこの季節になりそうです。
関東と関西、北陸から集まるので場所の選定は岐阜か長野になってしまいます。
幹事は毎年我が家なので幹事特権で選ぶのですが、今年は千畳敷の紅葉を愛でることも視野に入れていたので、このキャンプ場にしました。
いわゆる高規格のキャンプ場です。
家族旅行村って言うくらいですから、数あるレジャー施設の一つとして位置づけられているのでしょうね。
6サイトの予約なのでオートキャンプエリアの端っこで、3サイトずつ向かい合ったエリアを指定されています。
続きを読む

涸沢へ

国設横尾野営場・国設涸沢野営場・涸沢小屋

 2008/8/11-15

3年前に初めてのバックパックで上高地の徳澤へ行き、自分で歩いてこそ見える風景に感動を覚えた時から、その徳澤の先にある涸沢へ行きたいとずっと思っていました。
計画するも諸事情で中止になることもあり、中々実現することが出来ないままでした。
去年から空もトレッキングに連れ出し、山歩きを経験させ、今年の夏に一緒に行こうと決めていました。
僕自身が行ったことがないのに小1の子供を連れて行くのに不安はありましたが、涸沢までなら特に危険な箇所はなく、体力と気力があれば到着出来ると判断してのことです。
上高地~涸沢のコースタイムは1日ですが、今回は登りと下りに1日ずつ予備日を設け、SUPER SLOW TREKのプランとしました。

続きを読む

稜線の向こうに

夏沢だけかんばキャンプ場

 2008/7/19-21

今年の夏の山歩き、目標は涸沢まで行き、涸沢カールの雄大な山岳風景を愛でること。
その為の練習?調整?課題発見??などのために、オーレン小屋をベースに八ヶ岳を歩いてきました。
オーレン小屋は2度目の利用です。前回は稜線は遠くにあるように小屋の滞在で終わりましたが、今回は心配された台風の影響もなく、梅雨明けの暑い日差しの中思う存分夏山を楽しめました。

今回のTEAM SLOW TREKはクライミングフェスタでお知り合いになったN家と晩秋のログハウスキャンプ以来の再会となるmelさんとkちゃんとご一緒です。
N家の二人の姫は空と学年も近く、ずっと一緒に歩いてくれました。
ありがとうございました♪

続きを読む

晩秋の北八ヶ岳を歩く

本沢温泉野営場

 2007/10/13-14

晩秋の八ヶ岳を歩くちいにゃは良く頑張りました。

山岳紅葉を何処かで楽しみたいと思いを巡らせ、ちいにゃと二人で歩ける1泊2日のコースを考えていました。
紅葉ピークの涸沢も当然考えましたが、1泊2日の日程では無理との判断で早々に消えます。
体調と天候で柔軟にコース変更が出来る八ヶ岳エリアは、初心者にも安心できるし前回稜線に立てなかったリベンジと思いこのコースに決めました。
それと北八ヶ岳エリアの樹林帯は、苔生したコースが多く僕はとても気に入っています。
出発直前に稜線は遠くでご一緒したカズモンさんご夫妻をお誘いしたら、丁度お二人もこのエリアを歩く予定とのことで、空が抜けた同じメンバーで北八つアゲインです。

続きを読む

稜線は遠く

夏沢だけかんばキャンプ場

 2007/9/23-24

空、オーレンへ。一緒に山歩きする♪
この空の熱意が冷めないうちに。

前の週は雨天中止、今週もまあまあの予報だけど、歩きに行ってきました。
オーレン小屋をベースに行ける範囲の山を歩こうと、TEAM SLOW TREKに入隊されたカズモンさんご夫妻もお誘いしてね。
ご夫妻とは去年の夏休みのんびりキャンプでお会いして以来の再会です。
空がずっとまとわりつきご迷惑をおかけしました。
コレに懲りずまたご一緒して下さい^^

続きを読む