稜線は遠く

夏沢だけかんばキャンプ場

 2007/9/23-24

空、オーレンへ。一緒に山歩きする♪
この空の熱意が冷めないうちに。

前の週は雨天中止、今週もまあまあの予報だけど、歩きに行ってきました。
オーレン小屋をベースに行ける範囲の山を歩こうと、TEAM SLOW TREKに入隊されたカズモンさんご夫妻もお誘いしてね。
ご夫妻とは去年の夏休みのんびりキャンプでお会いして以来の再会です。
空がずっとまとわりつきご迷惑をおかけしました。
コレに懲りずまたご一緒して下さい^^


◇林道歩き
頑張って早起き出来ました(笑)

IMG_8323.jpg IMGP2113.jpg

オーレン小屋までのほぼ中間にある夏沢鉱泉までは、ちゃんとした林道歩きです。
もちろん登りです(笑)
空を叱咤激励するも、常に休憩モード・・・。
いっぱい褒めたけど身内の褒め言葉ではダメなようです。
子供を奮起させるには通りすがりの方からの褒め言葉が一番のようです。

IMG_8335-2.jpg IMG_8336.jpg IMG_8345.jpg

夏沢鉱泉から先は林道も終わり、登山道に道が変わっていきます。
斜度もきつくね。
崖に沿って道は続くので時折視界も開けます。
北八つの様な苔生した木々も多く、歩いていて気分が良い道です。

IMG_8346.jpg IMG_8377.jpg IMG_8387.jpg IMGP2181.jpg IMG_8347.jpg

だいたいコースタイムの倍でした。
SLOW TREK、コースタイム倍は普通ですね(笑)

IMGP2114.jpg

◇オーレン小屋
南北に連なる八ヶ岳連峰のほぼ中央、夏沢峠の西方直下にある山小屋です。
最寄りの登山口「桜平」からのコースは短く、危険な箇所も急な所もなく、山歩き初心者でも安心して来ることが出来ます。
この小屋をベースにいくつもの登山コースが繋がっています。
オーレンの宣伝みたいだけど、こんな状況だから6歳の娘を連れてこられる。
これが今回のコース選定の理由です。

オーレン小屋 オーレン小屋 オーレン小屋

◇夏沢だけかんばキャンプ場
小屋のテン場ではなくちゃんとキャンプ場として名前が付いていました。
可能な限り早めに着いて簀の子をゲットしたいですね。
3人用のテントが収まる大きめの簀の子は数が少ないです。

夏沢だけかんばキャンプ場 夏沢だけかんばキャンプ場 夏沢だけかんばキャンプ場 夏沢だけかんばキャンプ場

◇停滞
テントを設営して夏沢峠へ登り始めて数分、今にも降り出しそうな空を眺め、いや~な胸騒ぎを感じて登りを止めました。

IMG_8361.jpg IMG_8341-2.jpg

小屋に戻って暫くしたら予想通り降ってきました。
隊長の判断は正解でした(笑)
もちろん大人だけだったら登ることは出来たでしょうが、空を連れては絶対に無理はしません。
峠まで行っても視界が開けるとも思えませんし。
と、なると。
小屋とテントで停滞するしかありません。
で、ビールとカレー^^
その後は昼寝・・・

IMGP2151.jpg IMGP2148.jpg

夕方からは時折雨脚も強くなり、夕飯もさっさと済ませいつもの早寝です。

◇Photo by SORA
思い切りブレていますが好きなようにカメラを持たせます。

Photo by SORA Photo by SORA Photo by SORA Photo by SORA

◇稜線はお預け
朝になって硫黄岳の稜線は見えましたが、ガスが切れる気配はなし。
また近いうちに来ようと誓い、撤収です。
やはり空が一緒だと慎重になりますね。
条件の良いときに歩き、経験値を空なりに感じてもらう。
僕とちいにゃにも言えますが^^

稜線はお預け

◇下りは慎重に
雨の後だけにとても滑りやすくなっています。
空が急ぎ足で止まれなくなることがとても怖くて、ジグザグ歩きをずっと繰り返していました。
それでも3回ほどずるっと転んじゃいました。
今回はちゃんと軍手も用意して被害が少なくなるようにね。

IMG_8410.jpg IMG_8393-2.jpg IMG_8396.jpg IMG_8404.jpg IMG_8383.jpg IMG_8417.jpg 088.jpg IMGP2226.jpg IMGP2221.jpg

◇桜平駐車場
このゲートから先は関係者以外は車で入れません。

桜平駐車場

ちゃんとした駐車場の数は少なく、林道路肩のスペースに突っ込んでの駐車になります。
まあ、早い者勝ちですね。

唐沢鉱泉に通じる道の途中、三井の森ゴルフ場を少し過ぎた辺りの分岐を右に折れます。
ここからは舗装されていなく、オフロードを30分くらいでしょうか。
インチダウンや足回りを飾っている車は避けた方が吉です。

IMGP2254.jpg

次回こそはここをベースにして稜線を歩こう。
ちいにゃに達成感を味わって欲しいな。

稜線は遠く」への8件のフィードバック

  1. 稜線はお預けでしたか、あの天気じゃきっと何も見えなかったでしょうね。

    空ちゃんの「沢ショット」いいじゃないですか!
    小生、完全に負けてます 笑 やはり自然にパチってのがいいのですね。

    >次回

    まだ10月なら、八つは雪降りません。リベンジできます^^

  2. はい。なかなか稜線を踏めません(^^;;;
    リベンジは計画ちうです♪
    オーレンの地酒祭りに(笑)
    空の写真はホントに数打ちゃ・・ですって。

  3. お天気はアレでしたがご家族での登山はいい思い出になりましたね。

    八ヶ岳の森はしっとりした風情が最高ですね。
    そこにいればジトジト不快かもですが写真を拝見するほうは美しいと感じます。

    そらちゃんは一生懸命歩いて偉かったですね。
    私もこれから小さなお子さんみたら褒めることにしますネ♪

    写真の腕もますます上げられてすごいね・・・そらちゃん。

    三歩くんじゃないけど稜線出れなくともそこは八ヶ岳です。
    また天気を見計らって何度でもオーレン小屋から色々なコースを楽しんでくださいね~!

  4. 空ちゃんは小さい頃から写真上手ですよねー。
    ご両親譲りの才能でしょうか?^^
    あと、家族3人の写真もイイですね!表情がみんなステキ♪

    秋はやっぱりなかなか晴れてくれませんね。
    下界ですら朝晴れてても午後から曇→雨なんてしょっちゅう。。

    今年は一度もご一緒できませんでしたが、来年はまた一緒に歩いてくださいね。
    もちろん、ちいにゃさんも♪
    あ、小梨くらいなら予定さえ空いてたらいつでも行きますけど(笑)

  5. 空ちゃん、雨の中ちゃんと歩いてエライですね~!!
    我が家の次男坊に爪の垢煎じて・・といった心境です(笑)
    最近は口ではなく目で訴えかけてきます(苦笑)
    ビール片手に・・はでっぱさんでしょうか??

    空ちゃんのお写真も素敵です。
    今度教えてもらおうっと♪
    子供たちの目線からだとこんな風に見えるんだ~という点でも妙に納得しました。

  6. >mo-chanママさん
    僕は八ヶ岳が気に入ってきました。
    主要な山の頂はまだどこも踏んでいませんが、家族で行けるってことと小屋が点在していて安心感が大きいことが大きいようです。
    いろんな登山口から歩いてみたいですね。小屋のテン場まででも充実感はありますもの^^

    はい、褒めてあげて下さい♪
    子供たちの大きな力になることは間違い無しです。
    若いトレッカーを育みましょう(笑)

    >melさん
    空の視線で撮した写真は僕の財産です。
    何かを感じてシャッターを切っている・・・と思いたいから(笑)

    そうですよ。今年はお会いしていません。
    例の日が雨になりますように^^
    山歩きは無理でもどこかでオートキャンプを楽しみましょうよ!
    キャンプで繋がったのにね♪

    >YMAMAさん
    雨降りが帰りで良かったです(笑)
    怒らないで叱咤激励がどれほど難しいか(^^;;;
    はい、僕がビールです。
    5口ほどでちいにゃに譲っています^^
    YABU家は今年のトレッキングは終わりでしょうか。
    雪遊びの計画を立てましょうね♪

  7. おはようございます。
    本当にお世話様でしたm(__)m
    Team Slow Trekの入隊は許可というこということでOKっすか?
    いただいた空ちゃんの写真、僕らの顔のアップ多すぎで笑いましたが、沢の写真はコリャスゴイ!!
    防水・防塵・耐久性のあるカメラを渡してあげたら、ドンドン素敵な写真を撮ってくれそうですね!!

    すっかりご迷惑をおかけしてしまいましたが、
    また、次回ご計画があればお声かけ願います。
    今後とも宜しくお願いいたします。

  8. いやあ。
    入隊試験に合格です(笑)
    雪のない低い山を彷徨いましょう。
    シーズンはたっぷりです^^
    またお誘いしますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です