秋を感じて

道志の森キャンプ場

 2007/11/3-4

秋を感じて
オートキャンプをしばらく楽しんでいませんでした。
空とふたり。
テントも設営せず。
タープも不要かと思ったけど、テーブルと椅子だけではちょっと貧相な気がして、ペンタ。
快適P泊ができる環境ならテントは不要よね。
今回のような落ち葉の絨毯の上にラグでも敷き、ペンタで覆い、シュラフとシュラフカバーに潜り込んで朝を迎えたいって思うのよね。
ちょっと離れたところで焚き火がちょろちょろと。
その方がより一層秋を感じられるでしょうね。

続きを読む

初秋のソロキャン

道志の森キャンプ場

 2004/10/2-3

予定では一ノ瀬高原キャンプ場に行こうと思っていたのだけど、仕事帰りに直行で下道をひたすら走って疲れたので変更です。キャンプ場直前の道の駅で仮眠を取り、7時過ぎにはイン出来ました。
ソロキャンは小梨平以来だったので楽しみにしていて、とにかく何にもせずに自然の風景に身を置いてただただぼーっとしたかった。
話をしたのは管理人さんとランタンの灯りに寄ってくる虫さんだけ。
読んでいる本の上に留まるので「邪魔だからどいて・・」と。
今度はもう少しまともな食事を考えようかな。
バックパックでないのだから食材を持って行けるんだし。
撤収時、これでもかというくらいのどしゃぶり。
参ったな。
そう言えば8時半にはシュラフに潜り込んだ・・・。
月に一度づつ家族、ソロとキャンプが出来たらよさげ。

続きを読む

冬のソロキャンシリーズ#1

道志の森キャンプ場

 

2004/12/11-13

参加資格は「ソロ」というキャンプ
3人でのソロキャンを楽しんだ。
やっぱり暖冬なのだろうか。思っていた冬キャンの寒さがなかった。
聞こえるのは川の音、灯りは自分たちのランタンのみという環境は、のんびりと贅沢な時間を過ごさせてくれる。
本当に焚き火のそばにいて何もしなかった。
キャンプに求める非日常の時間がある。
グループキャンプや家族とのキャンプも良いが、男ならソロキャンを楽しまなきゃ。
来月もどこかに行こう。

ソロキャンの質素な食事ではなく、美味しい料理を作っていただいたZさん、ありがとう。
次も是非一緒に行きましょう(笑)

続きを読む