初張りキャンプ

Sweet Grass

2010/6/4-6


このキャンプ場の付近を通ることは幾度もあったのですが、キャンプを楽しむのは実に7年ぶりです。
チェックイン時スタッフに「以前利用されたことがありますか」と聞かれ、7年前にと答えると苦笑いしていました。

関東近郊のキャンプ場では「超」がつく高規格なキャンプ場で、最近のキャンプスタイルからは余り選ばないキャンプ場だと思います。
高規格を求めていないし区画はあるし・・・。
なのに何故選んだか。
それは金曜日にチェックインしても金曜日のサイト料は無料のサービスがあること。
まあ、同じく高規格キャンプ場のPICAで作られた「ハッピーフライデー」に倣ったと言えばそれまでのことだけど。

今回は新しい幕体の初張りでもあり、年に一回かそこらは高規格なキャンプ場を利用してもいいかなあと。

奥様にも早退してもらい娘の学校帰りを校門で待ち構え、そのまま拉致して高速へ。
首都高速、関越、上信越道もガラガラでノンストップ。
妙義山を過ぎた辺りで北西方面に大きな雨雲が・・・。
SP製品の初張りに雨はつきもの、とのジンクスは有りなのか。
横川SAでポツリ。
が、碓井軽井沢で降り軽井沢に入ると雨はやみにっこり。
が、中軽井沢から峠の茶屋辺りでは本降りに。
が、浅間牧場を過ぎると路面は乾いているんですよ。
キャンプ場に着くと雨が降った形跡は無し。
自宅から3時間、キャンプ場には18:30に到着です。
続きを読む

アニバーサリー

outside BASE

 2010/4/24-25

好きなキャンプ場のオープン2周年お祝いに行ってきました。
キャンプ場自体の歴史は古いのですが。
快適生活研究家 田中ケン氏がプロデュースしてからの2周年です。

テントサイトもコテージも満員御礼ってこのキャンプ場で初めて見ました。
まあこんな超混雑時は避けていましたから^^
何回かこのキャンプ場に通い、イベントに参加していると顔馴染みの人も増えて、それはそれで楽しい時は過ごせます。

土曜日の昼間は陽が当たると心地よいのですが、雲で日差しが遮られ風も吹くと指先が悴んでしまうくらいの感覚です。
夜は言わずもがなでしょうか。
シュラフの中はポカポカなのに顔は冷え切ってしまう寒さ。
プラティパスに入れておいた水は凍り、塊になっていましたから。
続きを読む

最高のラムチョップ♪

outside BASE

 2009/6/13-14

キャンプレポのタイトルに違和感有り^^

これまでの人生で一番美味しく感じたラムチョップです。
まあ、10回も食べてはいませんが(笑)
空の外岩デビューのためにこちらのイベントに参加しました。

クライミング&アウトドアクッキング

続きを読む

雪中キャンプもどき

outside BASE

 2009/2/7-8

雪と山岳テントって似合うよなあ。
少し吹雪いているともっと風情がある気がする。
風の音やテントを叩きつける雪の音に怯え、腰くらいまでシュラフに潜り込み温かいコーヒーを片手に、新田次郎の「孤高の人」などを読む。
落葉松が真っ直ぐに天を突き、静けさだけが漂うキャンプ場にソロで過ごす。
日が暮れてきたら小枝を集め焚き火を起こし・・・

そんなイメージを求めてテントを設営してみました。
ええ、設営しただけです。
お泊まりは仲間が借りたコテージに居候と(笑)

続きを読む

尾瀬湿原をのんびりと

山の鼻キャンプ場

 2007/6/2-3

遙かな尾瀬♪去年の紅葉の頃、バスツアーを利用してちいにゃと二人で訪れた尾瀬。
天候はともかく自由時間が少ないことと、朝夕の風景が切り替わる時間帯にその場にいられないこと。
これがバスツアーの満足度を大きく下げていた理由です。
尾瀬リベンジへの思いは紅葉ツアーから帰った時に始まり、水芭蕉の咲き誇るこの時期に再訪です。
今回はバックパックの魅力に惹かれ始めたzoutaご夫妻と一緒に。
垂直移動の苦手な仲間、我が家とは波長が合うってね♪

続きを読む

また気持ちよかった

野反湖キャンプ場

 2006/9/2-3

野反湖1年ぶりに訪れる野反湖
去年と同じ、秋の青空に恵まれ「ほんとうに気持ちいいキャンプ」を楽しめた。
夜明けのこの風景に出会えると、山道の運転疲れも癒されます。
いつもより早い時間に自宅を出発したので、夜中過ぎには、この野反湖を見下ろせる「富士見休憩舎」駐車場に着きました。
そう言えば、ここから富士山を見たことがなかったなあ。名前からすればきっと見えるんでしょうね。
車を出ると外は真っ暗闇、スモールライトの灯りと、頭上に広がる天の川、満天の星空の灯りのみ。
流石に標高1500m、風もありTシャツだけでは寒くて外にずっといられません。
防寒着を出そうと思ってもザックの奥深くに・・。
今回も星空撮影はなし。
フラットにしたシート、空を抱き寄せ窓越しに見える星空、空に綺麗な星空だね、と囁く。
この時空はプライスレス。
誘って頂いたmo-chan一家に感謝です(^^)

続きを読む

避暑キャンプ

CLIO FIELD

 2006/7/15-17

カリマー夫婦3連休の初日、空の保育園でお祭りがありお昼前の出発となった。
予想通り都内を抜けるまでかなり渋滞にはまる。
いつものパターンと違うとちょっと疲れ気味だ。
キャンプ場には5時頃の到着、幸い到着時には雨も降っておらず、タープと久しぶりに登場のアメニティードームで2泊の宿を設営する。
今回は僕の姉も一緒なので巨大?テントの復活です。
5人は眠れるのですが、僕は前室にコットを突っ込みそこで眠ります。
ちょっと傾斜があったけど快眠^^
いつもの焼き物で夕食を摂り、1日目はこれもいつものように早寝です。

続きを読む

雲中キャンプ

無印カンパーニャ嬬恋

 2006/5/27-28

雲中キャンプ雨の予報と分かっているのにキャンプに行くって変ですかね。
キャンプ場滞在中に見える風景や可動範囲、道具の後始末を考えれば中止にする人のほうが多いと思います。
でも行きたかったんです。自然の中で何にもしないでボケっとしていたかった。
雨キャンをのんびりと楽しもうですね。
このキャンプ場は2回目、直前の予約状況は全体で4組、キャンプサイト独占状態がたまりません。

続きを読む

ほんとうに気持ち良かった

野反湖キャンプ場

 2005/9/17-19
朝7時前、P泊した道の駅から山道を走り、登りきったらこの風景が広がる。
昼夜の気温差で暖かくなった湖面からの水蒸気を集め、湖面の上に雲が広がっている。
眼下の雲だ。
もう少し早くに着いていたらと後悔する。太陽に照らし出される雲の動き、色をもっと見ていたかった。
天候に恵まれたこんなチャンスはそうないだろうに。
対岸にこれから行く野反湖キャンプ場らしき人工物が見える。観光地化されていない湖で、周囲には何箇所か休憩所があるのみ。
こういう場所でキャンプをしたかった。

続きを読む

美しい夕日を堪能

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 

2004/9/18-20

やっと自然が豊かな場所に行けた。
こんな風景の中でのんびり過ごすのが好き。
設営から撤収まで車を動かすこともなかったし、イベントもなくひたすらのんびりしまくり。

デジカメのバッテリが2つとも切れて、おまけに携帯のメディアも壊れてしまい、気に入った写真も少なく記録に残すものは少ないけれど、目に焼き付いた風景と家族との触れあいの一時が一番だなって思うキャンプだったような気がする。

続きを読む