雪中キャンプもどき

outside BASE

 2009/2/7-8

雪と山岳テントって似合うよなあ。
少し吹雪いているともっと風情がある気がする。
風の音やテントを叩きつける雪の音に怯え、腰くらいまでシュラフに潜り込み温かいコーヒーを片手に、新田次郎の「孤高の人」などを読む。
落葉松が真っ直ぐに天を突き、静けさだけが漂うキャンプ場にソロで過ごす。
日が暮れてきたら小枝を集め焚き火を起こし・・・

そんなイメージを求めてテントを設営してみました。
ええ、設営しただけです。
お泊まりは仲間が借りたコテージに居候と(笑)

このキャンプ場は幾度かオーナーが代わり、現在は快適生活研究家の田中ケン氏がオーナーになって「outside BASE」と言う名でオープンしています。
僕が知っている変遷では、
PICA北軽井沢→オープンエアフィールド→現在
とキャンプ場名が変わっているようです。
違っていたらご指摘下さいm(__)m

広い樹林の中にコテージと最大20組収容のテントサイトがあります。
サイトはフリーでどこに設営しても良いのです。
ただ全体に緩く傾斜していることと、樹林間が広くはないので、手持ちの野営道具を如何に設営し、より快適な状況を作り出すかは経験がモノを言うかも知れません。
タープもLサイズだと厳しいかな^^

管理棟やサニタリー棟は前身であるPICAのイメージが濃く出ている気がします。
西湖や富士吉田のそれに近く感じますね。
そう言う意味ではとても高規格かと。
お湯も熱湯が出ます(笑)
僕は入りませんでしたが露天風呂もグ~♪だそうです。


僕はきっと再訪すると思います。
テントサイトが混まないことがよい。
多少傾斜があっても静かに過ごせそうな予感を大切にしたいな。
新緑と紅葉の時期が狙い。
近くにトレッキングエリアが多いのも魅力ですね。
もっと雪があればイメージする雪中キャンプも楽しめそう。

この時はスノーシューイベントにも参加しました。

スノートレック

雪中キャンプもどき」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    同じ日にフリーサイトの方でランブリ3LXを設営していました。
    モンベルのテントの方は、どこにいらっしゃったんだろうと思ってましたが、
    コテージにいらしたのですね!かっこいいテントだなぁって思っていました。
    2日目も、村上山ですれ違ったと思います。わんこを2匹連れていました。
    またどこかでお会いできたら、嬉しいです。

  2. こんにちは^^
    コメントありがとうございます。

    僕も覚えていますよ。車もテントも、そして村上山ですれ違ったわんちゃんも。
    すれ違ったとき、もっとコトバを交わしておけば良かったです。
    ご挨拶だけでした。普通ですね^^

    ホント、すいません。
    格好付けの設営だけでした・・・。
    もっと積雪があればちゃんと野営したと思います。

    こちらこそ、次回お会いしたときはもっとお話し出来ますように♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です