早春キャンプは寒し

キャンピカ明野ふれあいの里

 2009/3/28-29

空と久しぶりのデュオキャンです。
暖冬で桜の開花も早まるか・・とニュースになり出した頃に、この日にキャンプに行こうと計画したのです。
再訪ではなく新規開拓、空と二人だけなので有る程度設備は高規格、空が楽しく遊べるフィールドとアイテムがあって、自然の眺望も期待出来て・・・と検討した結果このキャンプ場になりました。
ご存じPICAが運営しているので高規格と快適さは文句の付けようもないでしょう。
予想に反したことはただ一つ。
寒かったのです。
僕は許容範囲でしたが空が堪えてくれませんでした。
テン場ではないので堪える必然性はないのだけどね。

PICAお馴染みのハッピーフライデー特典を使って、キャンプ場には9時頃にはつきました。
受付でもしようかと動いていたら場内整備係?のおじさんが「好きなサイトを決めて設営も終えてゆっくりしてから受付で良いですよ♪」と。
まだまだオフシーズンの緩さとサービスがよいですね。

先客が一張りのみ。
テントサイトはほぼ貸し切り状態です。
ただ、テントサイトは狭いです。
持参のヘキサSがかろうじて張れる広さですね。テントサイト全体・・キャンプ場全体が丘陵なので、平地のスペースが少ないのです。
その為タープの張り綱は平地をはみ出して傾斜地面にペグ打ちとなってしまいます。
Mサイズのレクタもヘキサも無理でしょうね。
シェルター+インナーテントが最良かも知れません。
テントを張らずに車中泊の予定だったので、ヘキサSを張ったらイスとバイヤーを置くだけの超質素な設備にしました。
端から見たら、これからキャンプ道具を増やしていくんだろうな・・・的なサイトに見えたでしょうね。

南アルプス・甲斐駒ヶ岳の眺望はとても良いです。
樹林の間からは八ヶ岳連峰も垣間見えます。狙っていた眺望は期待通りでしたね。
もっと眺望を望めば最上段のサイトNO.32がベストでしょう。
今回は空のために炊事棟とトイレが近いサイトを選びました。
平地ではないのでトイレに行くにも良いトレーニングになります(笑)

さて、そろそろランチ(カップ麺)の準備をしようとバーナーを出そうとした頃から、雲が広がり風も強くなってきたのです。
朝が5度くらいだったから、そこに風が加わると体感気温はぐっと下がりますよね。
空にはこの寒さは堪えきれなく弱音のブーイング・・・

受付へ行ってあっさりとコテージに変更してもらっちゃいました。
テントサイトなら1900円でしたが、コテージに変更で+7000円の出費とな。
空が楽しいなら、喜んでくれるなら問題なしです。
6人用のコテージにキャンセルが出たのでそちらを4人用の料金でOKでした。
ラッキー♪
もっとも二人なので広さの快適度に大きな影響はないのですが・・・。

コテージはベッド、ミニキッチン、トイレ、ストーブ、テーブル、イス、テレビ、ベランダと貸別荘並みの設備ですよ。
二人で使うにはもったいないですね~


このキャンプ場、僕の感想としてはテントサイトよりコテージ利用の方が快適かと思います。
その理由はテントサイトの狭さにあります。
やっぱりヘキサSが精一杯というスペースには開放感は望めない気がします。
利用客が一杯の時期だったら密集度も高いでしょうね。

雪の季節にコテージ泊で利用しようっと。
富士見パノラマも近いのでスノーシューもスキーも楽しめそうです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です