焚き火で過ごす

立場川キャンプ場

 2009/10/24-25

この夏に訪れお気に入りとなったキャンプ場に再訪です。
昔からのキャンプ仲間達と久しぶりに会えるのです。
重厚長大のキャン道具を夜逃げのように車に詰め込みのキャンプを楽しんでいた仲間も、今はすっかりシンプルな装備になりテントも張らず車中泊派に転向?している。
それもいいっか。
ロースタイルで寛ぎ、日がな焚き火で遊び。
他愛もない話で笑い、物欲を刺激あい。
腹が減れば誰かが何かを作り。
薪拾いに歩き回り。
オープンエアーで季節を感じ。

そんな時を過ごしてきました。

この日がキャンプ場営業の最終日
ほぼ貸し切り状態でプライベートキャンプ場のようです。









のんびり具合は伝わるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です