焚き火三昧

廻り目平キャンプ場

 2010/5/1-3

GWのキャンプ
出発時点においても行き先が決定していない状態って我が家くらいかなあ。
方向は決めていたけどね。車内でのMTGの結果、5年ぶりの廻り目平キャンプ場に決定です。
他の候補は全て予約不要で自然の豊かな所ばかり。
小野川湖畔の庄助キャンプ場、駒出池キャンプ場、松原湖高原キャンプ場が最終候補に残っていました。

首都高と中央道の双葉SAまでは後席で体を休め、以降の山道運転に備えます。
ICを降りてからキャンプ場までノンストップだった気がします。
信州峠を越えた辺りから野生の鹿と3回ほど遭遇しました。
左右によけてくれればよいのに進行方向に走り出すので困ってしまいます。
そう言えばキャンプ場には鹿のフンが至る所に^^

キャンプ場の駐車場ゲートには2:30位に着きます。
明るい月夜だったのでテントも設営出来たのだけど、数組のテントが既に設営されていたのでやめました。
しばし、車中で仮眠を。

5:30に起きて外に出ると設営されているテントが増えていました。
それも狙っていた平坦で広いエリアが・・・。
平坦なエリアを見つけてキャンプ道具を運びます。
車から40m程度だったでしょうか。
今回はいつものステラではなく超久しぶりに登場のアメニティドーム、さらにコットまで持ってきました。
我が家としては最大級の快適装備ですから^^

設営を一通り終え朝食もさくっと。
待ちに待った昼寝?朝寝?タイムです。
今回のキャンプは少し歩くくらいで、キャンプ場外に出る予定もなくひたすらのんびり過ごすことにしていましたから。
テント内が広いと快適なんですね♪

何もせず。
食べて寝て焚き火で遊び。
そんな時間ばかりののんびりキャンプでした。
19時には食事も焚き火も終わりテントに入るというスタイルでしたからね。
ランタンなどは出しもしませんでした。


唯一のアクティビティはキャンプ場を囲む山?へのトレッキングもどき。
屋根岩パノラマコースに。
5年前も歩きましたが途中の梯子や階段が随分朽ちていました。
コースタイムで戻ってくると言う快挙もあり、昼食も食べて金峰山荘の一番風呂へ^^



標高1500mは新緑には少し早かったようです。
山荘に紅葉の時の写真が飾ってありました。それは美しい光景です。
秋も深まった頃に再訪しようと思います。
もっと奥のサイト、白樺に囲まれて過ごそうかな。

ここはホントにお勧め出来るキャンプ場です。
こちらもご覧下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です