稜線の向こうに

夏沢だけかんばキャンプ場

 2008/7/19-21

今年の夏の山歩き、目標は涸沢まで行き、涸沢カールの雄大な山岳風景を愛でること。
その為の練習?調整?課題発見??などのために、オーレン小屋をベースに八ヶ岳を歩いてきました。
オーレン小屋は2度目の利用です。前回は稜線は遠くにあるように小屋の滞在で終わりましたが、今回は心配された台風の影響もなく、梅雨明けの暑い日差しの中思う存分夏山を楽しめました。

今回のTEAM SLOW TREKはクライミングフェスタでお知り合いになったN家と晩秋のログハウスキャンプ以来の再会となるmelさんとkちゃんとご一緒です。
N家の二人の姫は空と学年も近く、ずっと一緒に歩いてくれました。
ありがとうございました♪

◇DAY 1

桜平駐車場~夏沢鉱泉~オーレン小屋~夏沢峠~箕冠山~根石山荘~箕冠山~オーレン小屋

前夜P泊の恩恵にあずかるはずの早立ち。
これが最大の難関です。
空が起きてくれません。寒い・・の泣き言が。
宥め賺してやっとこさです。

スタート直後は空のテンションが上がらず、小休止の連続です。
まあ、桜平からの登り始めはちょっと急な林道なのですが。
でも、文句は言っても最後まで歩き通す頼もしい娘です。

隊長が決めていた正規の休憩ポイント夏沢鉱泉です。
今日はここの前から北アルプスの遠望がばっちり♪
穂高連峰の稜線がくっきりと見えます。とても幸せな気分^^

オーレン小屋の「夏沢だけかんばキャンプ場」、昨年の秋と同じ簀の子にテントを張ることが出来ました。
ここで一番大きい簀の子でしょうね。1日目のテン場は大入り満員です。
極小のフリーサイトですね

テントを設営して夏沢峠へ。
オーレン小屋までの歩きで疲れたのか、空のテンションは中々上がらず。

夏沢峠の木陰で昼食を摂っているとほんの数メートル前を、ニホンカモシカが悠然と歩いています。
旭山動物園もビックリのライブ体験でした♪

今日のプランは夏沢峠から箕冠山、根石岳、天狗岳と歩こうと思っていましたが、根石山荘でオーレンに戻ることになります。

→夏沢峠、オーレン小屋と反対の東側にある本沢温泉から登った時のレポはこちら。晩秋の北八ヶ岳を歩く

すっかり陽も高い内に夕食を済ませ、6時前にはテントに入った気がします。
オートキャンプでもテン場でも早寝は変わらず(^^;;;

◇DAY 2

オーレン小屋~赤岩の頭~硫黄岳~夏沢峠~オーレン小屋

今日も早起きは苦手の空です。
絶好のTREK日和、頑張って起きて貰いますよ。

オーレン小屋から赤岩の頭まではコースタイム80分です。丈夫はそこそこ急な登山道で空が行けるかどうか心配でした。
案の定、文句はいっぱい。でもね、最後まで歩き通すのです。
120分、コースタイムの1.5倍で。たいしたものですよ。

このコースは時折展望もあり、中々楽しいコースです。
赤岩の頭は硫黄岳の南稜線であり、南の方角には赤岳と阿弥陀岳の眺望もあり、八ヶ岳連峰の主要峰を一望出来ます。
僕はとても気に入りました。

ここから硫黄岳までは稜線のザレと頂上直下の岩場を歩くことになります。
所々登山道の幅も狭く、空の手を引き山側を歩かせる場面もありますが、そんな状況を怖がることもなく、岩場もクライミングの経験が生きているのかスイスイと登っていきます。
チチとしては嬉しくあり♪

硫黄岳の頂上は広場のように広くちょっと拍子抜けです。
晴れていても風は強く体温を奪われます。ダウンを着てちょうど良いくらいです。

硫黄岳から夏沢峠への下りは滑りやすいザレで、転ばないように気を遣います。
ジグザグに見える登山道や正面に見える天狗岳。遙か彼方にはオーレン小屋も見える。
山歩きをしているって実感出来るコースです。
こんな楽しい気分になれるなら登りの苦労もなんてことはない・・・かな。

夏沢峠まで降りて昼食です。
今日はカモシカさんには会えず。
夏沢峠からオーレン小屋まで休憩無しで一気に降ります。
子供たちも頼もしくなったモノです。
って、コースタイム15分ですから(笑)

N家はこれで下山されます。
お別れを惜しむように、山歩きのことなどすっかり忘れて、子供たちは普通のキャンプに来ているようにオーレンの清水で遊びます。
空はこの時が一番楽しかったようです(^^;;;

◇DAY 3

オーレン小屋~夏沢峠~オーレン小屋~夏沢鉱泉~桜平駐車場

ちいにゃと空は留守番で、melさんkちゃんと3人で夏沢峠まで散歩に出かけました。
子供たちのペースではなく、自分のペースで歩けるのはとても楽ですね。
木漏れ日が降る樹林帯はとても気持ちよかったです。
峠でひとしきり風景を愛で、写真を楽しみ。
下りも写真を撮しまくり、登りより時間がかかったかも知れません。

のんびりと桜平まで。
たっぷり時間を掛け、清流や苔や藻の写真を撮しながら。
テン場と登山口が近いってとても安心感がありますね。
ファミリートレッキングには最高だと思います。
オーレン小屋はお気に入りです。

トップの写真、photo by melさん。

SLOW TREKは良いなあ。

稜線の向こうに」への6件のフィードバック

  1.  20年来の思いが叶い、7/21-23に上高地に行って来ました。
    当初は、徳沢泊-涸沢泊-徳沢泊の予定でしたが、今回は欲張らずに
    明神2泊に日程変更しました。
    初日に大正池-明神、二日目徳本峠往復、最終日明神-B/Tの
    お気楽ハイキング!
     天気には大変恵まれて、歩いている最中は大汗をかきましたが
    気持ちに良い2泊3日でした。

     写真が、300枚弱あるので処理に時間が掛かっていますが
    週末までには何とかしたいと思っています。

  2. やっぱり八ヶ岳はいいですなあ。
    天狗へは行かなかったんですね・・・
    姫様、かなり頑張りましたね^^

    TEAM SLOW TREKの夏合宿、どっかでやりたいものです。

  3. こんにちは~。
    写真を使って頂き光栄です!

    思えば、ご一緒したのは下山時だけだったので、こうして過ごしていらっしゃったのね~と楽しく拝見しました♪
    ホント、空ちゃんよくがんばりましたね~。
    来年・・・再来年と時が経てば、知らないうちにもっともっとガシガシ歩けるようになるんでしょうね。楽しみです!

    もしかしてカモシカさん登場の時も85mmをつけてらっしゃったのでしょうか?^^

    お?八ツの夏合宿やられる時は是非とも一声よろしくお願いします(笑)

  4. >ひらりんさん
    おや、擦れ違い・・・山は違うね^^
    今度みあちゃんとも一緒に行きたいなあ。空は元気百倍間違い無し。
    徳本峠の往復ってやりますね♪
    山のお話しでも。いつお呼ばれされましょうか(笑)

    >エドヤマさん
    天狗は遠いです・・。
    何度もいろんな角度から眺める山です。
    夏合宿、いいねえ。
    言葉の響きがよい♪

    >melさん
    ありがとうございました^^
    ファミリートレッキングは絶対に無理はしません。
    本当にSLOWです。

    はい。カモシカさんの時も85mm装着でした。
    たまたま(笑)

    声掛け運動は励行します!!
    僕が一緒だとたいした所に行けませんよ(爆)

  5. 下界の酷暑も嘘みたいなダウンセーターの写真すが涼しげです。

    山登りは早起きが常なんで苦手なそらちゃんのモチベーションあげるのは一仕事のようですね^^;
    でもよく頑張った!

    日本カモシカは大自然の動物園で空ちゃんにとっては楽しい思い出なのでは?
    なかなかこういう経験はできませんもの・・・。
    カメラ目線な?素晴らしいお写真です!

    硫黄岳の爆裂火口(クロワッサンみたいなところ)って夏は歩けるのですか?
    やはり頂上は強風で寒かったのですね。
    冬山の時はコンタクトが凍ってしまいました!

  6. 文句は言うけどホントに頑張る自慢の娘です♪
    空もですが僕も感激でしたよ。カモシカさんとコンニチハ。
    85mmを装着しておいて良かったです。photo by ちいにゃ。
    爆裂火口の淵は歩けますよ。高度感ばっちりの風景でした。
    ここら辺の八ヶ岳はファミリートレッキングに最適です。
    我が家のホームグラウンドに決定^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です