11. 5月 2009 · 6 comments · Categories: 北東北 · Tags:

僕の中では生ウニの圧勝でした♪


下北半島先端の大間です。本州最北端ですね。
背伸びをすれば北海道も見える。
この日は曇天で空の「初北海道!」はお預けでした。
前夜の車中泊地「道の駅みさわ」から下道で3時間程度、10時過ぎには到着しました。
先端ではあるけど尖ってはいなく緩い先端です。
モニュメントと食堂、おみやげ屋があるのみ。
大きな感動はなく(笑)

◇大間と言えばマグロ!!

数店の食堂のメニューと値段を吟味してさっそく入ります。
海鮮丼やウニ丼は2~3千円くらい。
超感動的な美味しさはなく、神奈川県・三崎のマグロの方が美味しく感じてしまいます。
トップのウニの写真は食堂のモノではなく、別のお店で売られている単品のモノです。
このウニは感動的な美味しさでした♪
礼文島で食べた「エゾバウンウニエゾバフンウニ(5/14訂正)」を彷彿させます。

◇大間のキャンプ場

食堂や土産物店の裏側には無料のキャンプ場があります。
キャンプ場と言うより広場に炊事場とトイレがあると言う感じ。
高規格だとかそんなレベルで評価してはいけません。テントを張ることが出来る施設なのですから。
ここから函館行きのフェリーターミナルまで20分程度です。
その利便性が大きいでしょうね。

◇大間での海鮮の食べ方

→到着する前に野菜類を調達しましょう。
→ご飯を炊きましょう
→ウニとかタコとか売っているお店がありますから仕入れます。
→ウニ丼とかタコの炊き込みとか♪
→食堂で食べるよりコストパフォーマンスは高いです^^

◇航路

青森~函館に比較して短時間で北海道に上陸できます。
乗船時間が短いの船酔いの時間も少ないことと、車の運送料金もかなり安くなります。
青森から大間までは3時間くらい余計に走る必要がありますが、ガソリン代を考えてもコスト的には安く北海道に上陸できますね。
船便が少ないことはデメリットですが・・・。
船もちっちゃかった(笑)

我が家が北海道に上陸するときは大間から渡ることになると思います。
いつでしょう~~