コストパフォーマンスがとても高いと評判のレンズです。

EF50mm f/1.8 Ⅱ実売は9000円程度ですから。
作りのチープさは否めませんが、50mmと言う単焦点レンズは標準域だし写真の勉強を始めるには最適な画角でもあります。
描写性能はF1.8の明るいレンズでもあり、僕のような素人には十分なものがあります。
実売価格が安いことと描写性能も良いことで、レンズ沼の撒き餌としても知られているレンズです。
キャンの50mm単焦点レンズ、他にはF1.4とF1.2、F1.0があります。
F1.4は先日のキャンプでエドヤマさんにお借りしていて、確信犯的に持って帰りそうになりました(笑)
被写界深度が狭くピントを合わせづらいですが、キレイに合ったときはとろけるようなボケの写真となりますね。
F1.2はキャノンのサービスセンターで試したことがあります。重くて・・・ピントを合わせるなんて作業が出来ないくらい。
僕の撮影シーンでは宝の持ち腐れになるレンズです。
F1.0は未だかつて現物を見たことがありません。

そんなレンズが僕の手元にやってきました。
ちいにゃからのプレゼントでね。

今日は僕の誕生日ですから♪

このブログで関連すると思われる他の投稿