上高地には自分の車で行くから、その心配ではない。
トレッキング中に右足首をくじいたら?右手に負傷したら?
そんなことになったら自分で運転をして帰られない。
運転どころか車に辿り着けないかも。
その心配だ。
まあ、これはトレッキングに限らず日常の中でも十分起きえることで、
心配していたら際限がない。
でもね、ガレ場を歩いていたらその危険性は一気に高まる。
先日、登山家の方と話す機会があったのだが、彼はこのことが心配で山にはいつも電車、バスで入っていたそうだ。
山岳保険にはちゃんと入っておこう。