先日のスノーシューで一番困ったことは、自分だけで履くことが出来なかったと言うこと。
シューズを固定する方法がベルト方式になっており、屈み込んでの作業をどうしても出来なかったのだ。
これでは常に誰かのサポートが必要になるし、アクシデント発生時に一人で履き直す状態になった時に困り果ててしまう。
一度自分で経験するとWEBでいろいろ調べるにもコツが分かってくる。
ラクチンなビンディングがあるスノーシューを探しました。


つま先部分は事前にシューズに合わせておけば問題はない。
ポイントは踵部分の容易さだ。

TSL 205 ESCAPE

このモデルはラチェット式のビンディングなっているので、リアエントリー方式のスキーブーツと同じように、バックルに差し込んで一段ずつ締めれば良い。
ステップイン方式のビンディングも別メーカーで販売されているが、ビンディングの取り替えを自分で行う必要があり、これはとても出来ない。

フィット調整を行い自分で履いてみたが、ちゃんと一人で全てを出来た。
とても些細なことだけど、とてもうれしい。
ソロ用のテントを一人で設営できたことに次ぐうれしさかも。
また一つ自分で歩いてこそ見える風景を求める手段が出来た。

DENALI TYKER大人用のスノーシューは大抵レンタルできるが、空が使えるようなキッズ用は余り見かけない。
探したら、TSL、MOSS、ATLASと主要メーカーではラインナップされていた。
行きつけのショップに聞いてみたらMOSSの「DENALI TYKER」の在庫があった。
子供用のスパッツ、靴底が平らではなく踵の段差があるシューズ、ストックと併せて買った。
これで空も一緒に家族で雪原を歩く楽しさを味うことが出来るだろう。
再来週に予定しているスノーシューイベントがとても楽しみだ。

このブログで関連すると思われる他の投稿