金曜日に抜歯したばっかりに土曜日の午前中が消毒となってしまい、遠出の外遊びを出来ず。
せっかの冬晴れに外で過ごさないのはあり得なく。
夕日と朝日を求めて車中泊の旅へと。
出がけにSoftBankショップへ。
今月中で終わる「iPhone for everybody」を使って、ちいにゃ用にiPhoneをゲットです。

久しぶりに西伊豆へ行こうと思っていたけど、ナビによれば到着時刻は日没後に・・・。
雲見辺りで夕景を下田の爪木崎辺りで朝日を、と思っていたけどね。

夕日を見たのは・・・。

ここは何処でしょう。

お気に入りの三浦半島の三戸海岸に向かいました。
久しぶりに見て海岸は何か人工的なチカラで荒らされていて、ここで夕日待ちをするには何か耐え難く、こちらも数年振りに訪れる三浦半島の先端の城ヶ島です。

両側にお土産店と食堂のある路地を抜けると岩場の海岸線に出ます。
見覚えのある風景ですね。落ち着きます。
到着した頃は日が沈む方向は雲が多く、思い描く夕景は期待できないなあと。
夕景を諦め食堂で海の幸を食べて・・・と思って振り返ると雲が薄くなっていて、もしかしたら??
と淡い期待が。

気合いを入れて待つことにしました。

城ヶ島の観光遊覧船乗り場辺りからは大島が見えます。
大島の真ん中真上には雲が覆っていますがその左右は切れています。
太陽はその右側に沈むようです。
太陽が雲の中にあるため光芒がたくさん降り注いでいます。
やがて大島の右側全体がオレンジ・ピンクに輝きだし、日没が近いことを知らせてくれます。
風景は時間と共にかわりゆく。
だから好きなのかもね。

城ヶ島の夕景 城ヶ島の夕景 城ヶ島の夕景
城ヶ島の夕景 城ヶ島の夕景 城ヶ島の夕景

日没後の染め上がる光のショーは期待できない雲の厚さだったので、定番通り海の幸へ。
三崎に来てマグロを食べないなんて。
ここで食べる赤身は本当に美味しいです。赤身でさえもね。

車中泊地に予定した西湘バイパス下り線の西湘PAに向かいます。
予想していたR134の渋滞もなく快適なドライブです。


6時前に車外に出ると水平線はダークオレンジに染まっています。
昨日過ごした三浦半島とその向こうの房総半島が重なっているようなシルエット。
水平線には目立った雲もなく素敵な日の出に出会えそうな予感が。
このPAは日の出のポイントと言うより磯釣りで有名なのでしょうか。
車中泊されていた殆どの方が釣りを目当てに来られているようです。

水平線がオレンジ・ピンクに輝きだします。
日の出のポイントが分かりました。

西湘バイパスでの朝日 西湘バイパスでの朝日 西湘バイパスでの朝日

ちょこっと頭を出し、揺れるように昇ってきます。

もしや・・・。

俄然期待がふくらみます。
そう。だるま朝日です。
初めて見ることが出来ました♪

海水温と大気温の差で光が屈折して見えるやつです。
太陽が昇るに従ってだるまが大きく。
僅か6分間のショータイムでした。

西湘バイパスでのだるま朝日 西湘バイパスでのだるま朝日 西湘バイパスでのだるま朝日
西湘バイパスでのだるま朝日 西湘バイパスでのだるま朝日 西湘バイパスでのだるま朝日
西湘バイパスでのだるま朝日 西湘バイパスでのだるま朝日 西湘バイパスでのだるま朝日
西湘バイパスでのだるま朝日 西湘バイパスでのだるま朝日 西湘バイパスでのだるま朝日

釣り船が通るまで絵的には面白みのない写真です。
最後で通ってくれて良かった。
露出もイマイチだったけど。
望遠系のレンズは要らないと思っているけど・・・欲しくなる風景です。

お宿に泊まっていたらこんな風景には巡り会えなかったかも。
だから無計画なお気楽車中泊は止められません。
違うか^^

夕日と朝日を眺めた後は少し足を延ばして箱根へ。
温泉です♪

このブログで関連すると思われる他の投稿