エコーバレースキー場のリフト

ラブラブなペアリフト

クリスマス以来のスキーをどこで楽しもうか、情報収集して決めたのは車山の北東に位置するエコーバレースキー場です。
ここは初めてのスキー場ですね。
ここに決めた最大の理由は24時間利用可能な無料休憩所がゲレンデの脇にあることです。
それとまだ初級者の空が滑ることができるコースが多いと言うことでしょうか。

無料休憩所は仮眠に使っても良いとHPにも記載されています。
クリスマスとお正月にレジャー費をかなり使っちゃったので、ここは節約モード全開で金曜と土曜をこの仮眠室で過ごしました。
サーマレストのマットと寝袋を持ち込んで準キャンプモードです。
仮眠室は・・・まあ、山小屋の相部屋って感じですね。
プライバシーはないしいびきは響くし。
安くスキーに徹するなら利用価値は十分あると思います。
調理禁止、飲食禁止とのルールは存在するので自由はききませんが、それを承知で利用するのだから文句は言えません。
まあ、どこでもルールを無視する人はたくさんいますけどね。

ゲレンデのベースからリフトを2本乗り継ぐとすり鉢状に拡がるコースがあります。
涸沢に幾つもリフトが掛かってると思い浮かべてください。
新雪ではありませんでしたがずっと氷点下が続き、丁寧にグルーミングされたゲレンデはとても滑りやすかったです。
3連休の初日とは思えないほど空いておりリフト待ちは皆無!
2日目は少し人出もありましたがそれでもリフト待ちは3分程度です。
高速クワッドリフトが一機しかなく他のリフトが遅くて、それだけが残念です。
スキー人口の減少は顕著なのでしょうから、古くからのスキー場でリフトの掛け替えなんて無理ですよね。

土曜日は正にピーカン!
ゲレンデピークは風が強く!
正面には蓼科山、八ヶ岳連峰の頂きが飛び飛びに見えるロケーションを堪能しました。
ピークからの写真は残念ながらありません。
僕も空も指が悴んでグローブを外せませんでした(笑)
次回は2枚重ねでアウターグローブだけを外せるようにしたいですね。

エコーバレースキー場のベースにて

エコーバレースキー場のベースにて

クリスマスの時に楽しんだアサマ2000スキー場でも感じたのですが、ここも子どもへのサポートがしっかりしています。
リフトに着座する時は必ず引き上げて安全確保してくれます。
普通の安全対策と言えばそれまでですが、親から見ればきちんと対応してくれていると感謝なのですよ。

リフト乗車時のサポートに感謝

リフト乗車時のサポートに感謝

空のスキー上達は本当に目を見張る物があります。
基本はボーゲンなのですが上級者コースに連れて行っても、斜滑降で滑りボーゲンでターンし時間もかけずに降りてきます。
緩斜面になればスピードを増しながらターンを繰り返しリフト乗り場まで突っこんでいきます。
スピードコントロールと的確なターンが出来たらコブ斜面も連れて行くことにします。
僕はコブが大嫌いなんだけど、コブ斜面のようなエリアで転びそこから外れた板をはき直したりのリカバリー力を身につけさせたいのです。

ボーゲンなら任せなさい

ボーゲンなら任せなさい

僕の滑りを初公開でしょうか。
なんとものへっぴり腰、やや後傾・・・。
ポールは全く使えません。持って無くても良いのですがリフト待ちの時の滑り止めに必要で♪

もっと膝を入れないとダメですね

もっと膝を入れないとダメですね

今シーズンは行きます!
パフパフのパウダーを体験させてあげたいし、寒さ知らずのゴンドラで一気に上がってのロングダウンヒルも・・・。
って自分の希望です♪

このブログで関連すると思われる他の投稿