新しい道具たち

新しい道具たち


地元の千葉県は房総半島の海岸線がたっぷりあるのに、約230kmも離れた伊豆半島の先っぽ、奥石廊の中木に行ってきました。
空に初めてのシュノーケルを体験させるのに、可能な限り最適なエリアに絞り選んでいます。

梅雨明け直後の快晴!
海遊びには絶好のコンディションです。

この中木には渡し船でしか行けない「ヒリゾ浜」と言うところがあります。
ヒリゾ浜の前は大小の島が有り外海の波を和らげており、シュノーケル初心者も安心して楽しめます。
こちらのサイトがとても役に立ちます。

中木へ行こうよ!!

思っていたより透明度は高かったです。いいね~

思っていたより透明度は高かったです。いいね~

浜、と言うと砂浜のイメージですが、ここヒリゾ浜には砂浜は皆無です。
大小の石がある文字通りの岩浜。
広さは・・・ランステLが10張りくらいでしょうか(笑)
朝一の渡し船に乗り、一番で下船したので場所は選び放題?
先人が石をよけて砂浜になった場所に新品テントの初張り!
テンションは余り上がらなかったので写真もなし・・。
コールマンのスクリーンテントですから。
ペンタを頑張って張っていた人がいたけど格好良かったなあ。
普通は海に向かって張るけど昼前からの日差しを考えれば、渡し船の船着き場に向けて張った方が快適な場所をキープできると勉強しました。

海岸線からフィンを付けてエントリーすると、膝上くらいに達するまで後ろ向きで歩くと結構大変。
初心者には歩きづらいさ。
浅瀬で泳ぐと腹を擦るし・・・・

絵に描いた熱帯魚のような魚もたくさん。
小さいフグがいたのにはびっくり。
ライフジャケットのおかげで背の立たない深いところでも余裕の空です。
僕は付けていないけどフィンのおかげで久しぶりの立ち泳ぎも快適さ。
ダイビングを止めて15年以上も経つからね。
スキーも今回のシュノーケルも、空にいろんな経験をさせたいと思っているのは間違いないけど、ホントは自分が心底楽しんだことを楽しみたいからなのかもね。
ちいにゃも初めてのことをいっぱい頑張ってくれてるし。
ご褒美にライフジャケットを買ってあげましょう♪

水中でもう少し楽に写真やビデオを撮影できると思っていたけどダメでした。
水中で揺れる腕を制御できないし、カメラがどういう状況になっているかが良く分からなかった(笑)
なのでちゃっちい一脚でも買ってしっかりホールド出来るようにしたいですね。
防水コンデジ大活躍の夏です。

Panasonic LUMIX DMC-FT3


日曜日だったので帰路と明日を考えて1時過ぎには離脱!
やっぱ・・・遠い。
今週の3連休は白馬で山遊びの予定なので、来週の土曜日、天気が良ければ再訪します。
今年の夏でシュノーケリングからスキンダイビングまで上達できるように短期集中特訓!!

家族でダイビングを楽しめたら幸せだなあ。
頑張って稼がないと。

このブログで関連すると思われる他の投稿