穂高連峰夜も明けきらないうちに目覚め、テントから出る。
キーンとつめたい空気に触れ、その冷たい空気で深呼吸する。
お湯を沸かしコーヒーを淹れ、昇る太陽とともに変わり行く自然風景を眺める。
焚き火をしても良いし、テントからマットを持ち出し寝袋に潜っても良いし。
これだけのためにキャンプに行っても良いかな。
早起きは苦手なんですが、こんな楽しみができる季節になりました。
今週末は上高地の小梨平で幕営の予定です。早朝の大正池から黄葉を愛でながら歩く楽しみと、つめたい空気に触れのんびりとね。
重くても三脚は持っていこう。平坦な道、軽量化を考えないバックパックで。