今年のキャンプの予定はもうありません。
何かと忙しく休日にノンビリ出来そうもないのです。
なのでちょっと早いけど振り返ってみました。

今年のテント泊キャンプは15回と去年より少なかったですね。
このほかにキャンプを手段としていない遊びは5回、キャンプ一辺倒から離れてきたのでしょうか。
でも段々と自然に触れあう傾向が強くなっているようです。
家族分の装備が揃ったこともありオートキャンプ以外での時間が増えています。

↓サムネイル画像クリックでレポページへ

◇favorite camp 2006 best3

1.雄大な立山連峰に抱かれて
悪天候にもめげずバックパックで出かけた立山・室堂の雷鳥沢キャンプ場、ここでのキャンプは家族でキャンプを再開して50回目ということもあり、きっと忘れることはないでしょう。
天候が回復しての雄大な山岳風景は涙モノでした。
来年も再訪して周辺を是非歩いてみたいです。

2.夏休みのんびりキャンプ
今年最長の3泊キャンプです。本当にのんびりと過ごすことが出来ました。
雄大な自然ってことではないけれど、朝夕、季節が変化するタイミングを過ごせましたね。
キャンプ場自体もかなりお気に入りです。

3.黄葉につつまれて
お気に入りの上高地、紅葉真っ盛りな季節、最良の天気と仲間に恵まれとてもシアワセだったなあ。
やっぱり上高地は年に一度はのんびりと過ごしたいところです。

次点:空と初デュオキャン
子供とふたりだけのキャンプはキャンプを趣味にしている父親ならどなたでも経験したいのではないでしょうか。
僕も例に漏れずずっと楽しみにしていました。
やっぱり良いモノです♪

来年はもっとバックパックの比重を高めたいなあ。
オートキャンプの時にでも+αをきちっと組み込んで、もっともっと自然を楽しむことにします。
あいかわらず、のんびりとね。

このブログで関連すると思われる他の投稿