白馬・五竜にて

白馬・五竜にて

髭も凍る雪が降るコンディションで滑るとこんな風になります。

粉雪が降り続き滑っても雪が膝上まで達する状態を、膝までパフパフのパウダーと言い、略して膝パフと呼ぶことあります。
これにピーカンが加わると中級者以上のスキーヤーとボーダーは狂喜乱舞することになるのです。
昨日の白馬・五竜は膝パフでした。
アルプス平のゲレンデは圧雪車も入っておらず、普通のゲレンデがオフピステ、山スキー感覚で楽しめる状態でした。

もちろん、僕は大喜び。
膝パフ未体験の空はビビリモード。

平坦な新雪の場合、ボードではとても起き上がるのに苦労します。
雪に手をついても沈むだけだからね。
僕のストックも力をいれずとも80センチくらいは楽に刺さりましたから。

この難題は僕が引き起こすことで解決

次の難題はボードのトップが沈み進めないこと。
トップを浮かしながら・・・と理屈を説明するもうまくいかず。

この課題は板を外し僕が抱えて急な所まで滑り、空にはラッセルさせることで解決

急な所で板を再度付けて滑り出すとスイスイとパウダーを食べてるじゃないですか。

浮遊感を感じたそうです。
新雪を滑る感覚を覚えたら二本目からは自分から行きました。
子供の吸収力は素晴らしいものがあります。

僕も久しぶりの膝パフを十分楽しみました。
楽しみましたが、僕が好きなのは丁寧にグルーミングされたゲレンデをスピードに乗って滑ること。

今シーズンの終わりに、空とバックカントリーを楽しむプランの実現に少し近づいたかな。
ヘリツアーも良いけど、4月に立山・室堂での滑走が夢さ。
空にはまだ内緒なんだけどね。

このブログで関連すると思われる他の投稿