朝日を浴びた桜

朝日を浴びた桜

千本桜って一目千本の吉野だけかと思っていました。
宮城県の大河原町にもあるのですね。

白石川堤一目千本桜
地元の方が丁寧に正確に情報をまとめたサイトを見つけたのが、350km先まで桜を愛でに行こうと思った端緒です。
そのサイトはこちら。
ありがとうございました。

僕にとっては350kmは遠い距離ではありません。
仕事を終えてから出発してその日に着けば全く問題なし。

今年は忙しさとか体調とかで関東地方の桜をゆっくり愛でていませんでした。
もちろん、花見の宴会などは全く興味はなく、自然風景と一体になった桜をのんびりと眺め、写真の趣味でも思うように切り取れたら満足なんです。
この白石川提は街中にあるので人工物がたくさんあるので自然の中に溶け込む、と言う状況ではないけど、川が流れ遠くには残雪の蔵王連峰を一緒に見られるのだから十分かと。
遠くまで風景を見渡す時間は随分持っていなかったものね。

5時に起きて空は車中泊のままちいにゃと二人で朝日を浴びながら静かな時間を過ごします。
散歩とランニングの他に見る人と言えば・・・カメラマンのみ(笑)
人混みが写り込まない写真にするには夜明け時のみですからね。
自分もそうだし・・・。
ここには2時頃までいたんだけど、早朝は7-8分咲、帰る頃は満開に近い桜も結構ありました。

往復3キロくらい歩いて車に戻り空を起こして朝食。
その後は電車で一駅先まで行き、そこから戻るプランでGO!
東北本線の各駅停車に乗った記憶は初めてかも。
この提と線路は並行してるところがあるので、撮テツのみなさんは季節限定の写真が撮れるので多くの人出がありました。
マナーの悪い方も結構・・・。

地域の重要な観光資源ですから町を挙げての桜祭りも開催されています。
すっごい人出ですよ。びっくりです。
人混みは嫌いだけど多くの人が桜を通して、それぞれの小さなシアワセを感じてると思うと嬉しくなったり。

記録した桜はこちら。

ふっくらと

ふっくらと

母と娘

ヤラセのポーズ

ヤラセのポーズ

感性を磨く

感性を磨く

桜のトンネル

桜のトンネル

桜のトンネル

桜のトンネル

堰によって鏡面に

堰によって鏡面に

桜のトンネル

桜のトンネル

太い幹

太い幹

通いたくなる桜の名所がまた一つ増えたね。