去年まで日焼けはしても赤くなり、熱で火照る程度でした。
今年の日焼けは違うんです。
紫外線によるダメージをはっきり受けています。


GWのキャンプから帰ると両腕と顔は、湿疹と火傷による炎症で痛痒くとても辛いものがありました。
滞在したのは八千穂高原駒出池キャンプ場、標高は1285mです。
この時は快晴!

尾瀬でのトレッキング、ここでも快晴です。
標高は同じく1300m程度
長袖シャツ、タオルマフラーとハットで日焼け対策したつもり。
手の甲と耳の後ろが同じ症状に。

浄土平でのトレッキング。
ここも軽かったものの同じ症状になる。

先週の五光牧場、ここは薄曇り。
標高も同じくらいです。
手の甲と耳の後ろに症状が出ました。

標高が高くなると紫外線によるダメージは大きいと言われていますが、身をもって体験することになりました。
調べてみると、標高が1000m高くなると紫外線量は10%増えるそうです。
標高1300mで13%の増加と言うことですね。
また、紫外線は大気中の小さな物質に当たり散乱し、地上に達するまでの間にその強度は弱くなり、標高が高いと、紫外線が大気を通過する距離が減ることにより、紫外線が散乱される量が減り他の地点に比べて紫外線量が増えるそうです。

夏山の写真を見ると半袖シャツの人が多いですよね。
全員に湿疹の症状が出ているわけではないから、人それぞれで紫外線の許容量って言うか、受容能力が違うのでしょうね。
僕は大丈夫って思っていましたが、そうではないようです。

モンベル サハラキャップきちんと紫外線対策をして遊ぼうっと(^-^)
長袖シャツ、タオルマフラー、手袋・・・。
でもね、この手の帽子にはまだ抵抗があるのよね。
効果があると分かっていてもさ。

モンベル サハラキャップ