軽量化よりもサイズダウンかな。
来週に予定している表銀座の天空散歩にはタロン44を担いで行きたいのに、手持ちの軽量シュラフだけで7/44リットルの容量です。
何とかしないと(笑)


手持ちの軽量シュラフは「SS バロウバッグ #4」です。
使用する季節や場所を考え選んだものです。
購入当時の決め手はズバリ値段だったと思いますね。
サイズは余り考えていなかった気がします。その時の想定ザックはオスプレー イーサ70でしたから、余裕でパッキングできたのです。

僕の山歩き範囲では夏山と春、秋の低山で使えれば良く、自分の技量では雪山は範囲外です。
お気に入りのモンベルからピックアップしてみました。
表にして比較すると目的に合う商品は一目瞭然ですね。
プレゼンの基礎です(笑)

商品名
重量
収納サイズ
容量
値段
SS バロウバッグ #4
1.14kg
φ17.7X35.0cm
7.0L
11,800円
U.L.SS ダウンハガー#4
620g
φ13.4X26.5cm
3.0L
24,800円
SS ダウンハガー#5
763g
φ14.7X29.1cm
4.0L
18,400円
U.L.ALP ダウンハガー#3
665g
φ12.9X25.5cm
2.7L
24,800円
U.L.ALP ダウンハガー#5
475g
φ11.7X23.2cm
2.0L
20,800円

目的に合うのはずばり「U.L.ALP ダウンハガー#5」が最適と言うことになります。
容量にしてSS バロウバッグ #4と比べて、7L→2Lと70%ものダウン、重量も半分以下になります。
交換レンズ1本分です^^
強いて難点をあげればSSではないこと。
シュラフの中で胡座をかけないと言うことです(笑)

良く見ると値段はほぼ倍!
見事に機能と値段が比例しています。

モンベル:U.L.ALP ダウンハガー#3紹介ページより
超高品質ダウンと超軽量生地を用いて世界最小・最軽量を実現。さらにポルカテックス®加工を施し、これまでのスリーピングバッグになかった防滴性も確保しています。夏の高山や2,000m級の冬山など幅広い季節で使用でき、携行性にも優れた軽量モデルです。

モンベル:U.L.ALP ダウンハガー#5紹介ページより
超高品質ダウンと超軽量生地を用いて世界最小・最軽量を実現。さらにポルカテックス®加工を施し、これまでのスリーピングバッグになかった防滴性も確保しています。夏の縦走や積雪のない冬の低山、春秋のキャンプなどにも使える超軽量モデルです。

この紹介文を読むと「夏の高山」、「2000m級の冬山」が比較ポイントです。
現状、雪山に行くことはなくても万一技量と体力が伴って、このクラスの冬山に行くことがあるかも知れません。
+4000円でこの差が出てきます。サイズ・容量は少しアップですね。

と、U.L.ALP ダウンハガー#3にも揺れ動いたり・・・。
またまた、同じ値段、同様のサイズ・容量で「U.L.SS ダウンハガー#4」も目に付くのよね。
中で胡座をかけるのも魅力だったり(笑)

週末まで悩んで楽しみましょう♪

*UL ULTRA LIGHT の略
*SS SUPER STRETCH の略
*ALP ALPINE の略

モンベル:寝袋/マットのページはこちら