例えば、ザックにエマージェンシーシートを放り込んでおく。
これは「万が一サービス」


山歩きやキャンプに限らず万が一を想定して備えることは常ですよね。
特に幼児と一緒の外遊びは一段と強くなります。
災難は忘れた頃にやってくるってコトバもありますし。
備えあれば憂いなしも。

デジカメのメディアやポータブルストレージの破損、PCのHD破損などで貴重なデータが消失してしまう、悲しい話を良く聞きます。
この手のモノは結構身近なので、バックアップ体制をとられている方は多いでしょう。
NETモノではBBSなんかが被害に遭いますよね。
レンタル先のデータ損壊とか。

ブログのバックアップはされていますか?

このSLOW CAMPを表示させているレンタルサーバが、この前の日曜日、半日ほど障害でダウンしていました。

ブログは写真データは自分のPCに残っていますが、エントリー、コメント、ページデザインは残っていません。
普通のホームページと違う所がここにあります。
ブログはWEB上でデータが構築され表示される仕組みですからね。

ご利用のブログサービスの機能で「バックアップ」があれば、最低でも週に一度はバックアップを取りましょう。
そしてバックアップデータからの復元方法についても習得しておきましょう。
また、掲載写真もブログ記事作成時にアップした後ご自分のPCから削除している場合は、復元時に備えてダウンロードしておくことをお薦めします。
オリジナルは残してあっても、リサイズされた写真は残していないケースが多いと思います。

これも「万が一サービス」

こんな事例があったようです。

FC2ブログでユーザー記事消失
本家アメリカでの事故のようですが、明日は我が身です。