夕陽評論家と名乗っている人がいるけれど、僕はとてもその域にはなれそうもない。でも、素敵と感じられる。