07. 4月 2008 · 4 comments · Categories: PHOTO · Tags:

大自然って括りでその風景を求めていたけど、人々が暮らす身近な場所にこそ心が安らぐ風景がある気がしてなりません。

今の季節は桜ばかりに目が行くけど、多くの花々も咲き始め里山はとても色づいていました。
街の幹線道路を少しはずれると、点在する民家の大きな庭には思わず車を止めて見入ってしまうものがあります。

そんなのを見てると、心の豊かさって何なんだろうって自問してしまう。
自分の気持ちがとても安らぐのを感じました。

そんな風景の点描です。

◇普通のお庭など

◇夕暮れの里山

◇朝日を浴びて

◇EF28-70mm f2.8L USM
キャンプ仲間のB.FACEさんにお借りしました。
物欲リストにランクイン♪

人工的ではなく自然の暖かい色に囲まれての生活って。
いいなあ。

このブログで関連すると思われる他の投稿