URLのタイプミスをするとこんなタイトルのページが表示されます。
これはWEBサーバーとブラウザの設定で、存在しないファイルのリクエストがあった時に自動表示されます。
このサイトはドメインを移転したので以前のアドレスでアクセスした人は、すべてこのページが表示されます。(旧データをサーバーから削除しているので)
ドメインの移転には旧アドレスでアクセスしてくれた方を、きちんと新しいドメインに誘導させなくてはいけません。
今回の移転にあたっては次の2点に配慮しました。

1.トップページとBBSに移転の案内をした。
   多くの方がアクセスされているページでの案内です。

例:http://sorapyon.com/bigdipper/

2.検索エンジン対策をした。
 アクセスログの解析をずっと行っていますが、検索エンジンから来られる方が非常に多かったのです。
検索キーワードも多様でした。
検索エンジンからクリックされるとすべて「ページが見つかりません」になってしまい、そのままでは新しいドメインへの誘導もできないし、せっかくクリックしてくれた方に悲しい思いをさせてしまいます。
そこで、この「ページが見つかりません」ページに新しいドメインへの案内を入れました。
このページを自分で作るという事です。
今回は案内ですが、「もしかしたらタイプミスされています。もう一度確認してね」とかも良いのです。

《作り方》
1.普通にHTMLで案内ページを作り、「404.html」とファイル名を作りサイトのトップページが置いてあるディレクトリに保存します。
2.メモ帳を開き次のソースをコピーします。

ErrorDocument 404 /404.html

コピーしたら1と同じ場所に「htaccess.txt」と言うファイル名で保存します。

3.サーバーに上記の1,2をアップロードします。

4.アップロードした「htaccess.txt」を「.htaccess」と名前を変更します。

僕が作った「404.html」例:http://sorapyon.com/bigdipper/field/

これで対策ができます。

このブログで関連すると思われる他の投稿