ポイントゲットの雄叫び

ポイントゲットの雄叫び

空、女子ソフトテニス部からの引退です。

山歩きやボルダリングはやっていたけど、球技未体験で中学校のソフトテニス部へ。
部活には真面目に参加して練習に励んでいたけど、周りの子との力量差も出る中、自分のヘタレ具合に危機感を抱いて、夏休み明けにテニススクールに行きたいと。

中1の9月からテニススクールに毎週日曜日夜に通い出しました。

オールサムズテニスクラブ

スクールに通い出して直ぐに上手くなるわけもなく。
11月に開かれた一年生大会では部員9人の中で一番ヘタレな空は、人数の関係でペアから溢れ他校の子と組んでの出場なってしまうくらいのレベル。

練習あるのみです。
中2の春からは毎週土曜日の夜もレッスン。
ここから、週末の夜は親子でテニスコートに。
サザエさんを見ながらのんびりと過ごす時間がなくなりました。

少しずつ力を付け、2年の秋頃からはレギュラーメンバーに。
安定のレギュラーではないので外れることもあり、レッスンに更に打ち込む日々を。

3年の春からは最後の大会に向け、火曜日の夜もスクールレッスンに。
塾の勉強より今はテニスに打ち込みたいと頼み込んできた。
そこからは、水木金は塾、火土日はスクールレッスンと夜の休息はなくなる生活へ。

夕方まで部活が続く中、よく頑張ったと思います。
疲れ果て塾にもレッスンにも行きたくないと泣き言を言う日も多々あり。
それが普通だよね。
でも、普通にしていたら抜きんでることは出来ない。
親も空も葛藤の日々でした。

テニススクールでは上手い子とそうじゃない子とグループが分かれています。
もちろん初めはそうじゃない子のグループに。
そこでコーチしてくれたYコーチ。
Yコーチに基礎をみっちり一年教えてもらい、2年の夏からはメインのTコーチへ。
空がソフトテニスを続けてこられたのはこのコーチたちのおかげです。
厳しく、優しく。
レッスンをずっと見守っていた保護者は本当に感謝しています。
部活顧問には恵まれなかったけど、信頼できるコーチに恵まれて本当に良かった。

ALL THUMBS TENNIS CLUB

ALL THUMBS TENNIS CLUB

部活で辛いことがあってもスクールでリセットできる。
そんな環境があったことを嬉しく思います。
しがらみのない他校の子たちと切磋琢磨する仲間となれたことを嬉しく思います。
かけがえのない友達が出来たね。

スクールレッスン

スクールレッスン

最後の市総体個人戦はベスト32。
あと二つ勝てば県大会に行くことが出来ました。
悔しかったでしょう。
チチもハハもコーチも悔しかった。
でも、コーチは言っていたね。
ベストを尽くしたゲームに見えたし、実際そうだっただろうと。

そして、翌週の団体戦。
小雨が降り続くコンディションでした。
空ペアはスクールでもっと強い雨の中でもレッスンを受けているので、オムニコートでの雨中のゲーム運び、球筋の変化については経験値があることが強みです。

一回戦は2年生とペアを組み敗退、二回戦はいつものペアだったけど敗退と。
スロースタートは直っていません・・・。

だけど1番手、2番手ペアが勝ったので勝ち進み、強豪校と三回戦へ。
ここで1番手がまさかの敗退。
空ペアが対戦する相手はそこの1番手・・・。
ここで踏ん張り勝ち上がり。
勝った瞬間、僕は立ち上がり右腕を上げ叫んでいた気がします。

四回戦、準決勝です。ここで勝てば県大会出場へ。
が、再び1番手が負ける展開・・・。

空ペアはここをまさかの4-1で圧勝したのです。
ドロー表の片側を制覇しました。
フェンスサイドで応援していた保護者たちは歓喜、ハイタッチと嵐のよう。
もうね、涙を堪えられません。
堪える気もありませんでした。

決勝は緊張が一気に取れたのか完敗・・。
欲が消えたのでしょう。

負けたペアを補い他のペアが勝ち行く。
団体戦の醍醐味でしょう。
それを空たちペアが役目を果たしチームで県大会出場を勝ち取る。
個人戦で県大会へ行くより嬉しいことだと思うのです。
少なくとも空はそうだったかと。

努力しても報われるとは限らない。
でも努力しなければ報われることはない。
と、良く言われます。

空の努力が報われたことが本当に嬉しいです。
帰宅後、夫婦で抱き合い泣いてしまいました。

空のサポートをすることが出来てシアワセだったよ。
小学校での器楽部サポートの比じゃないほどね。

さて、県大会です。

円陣を組んで

円陣を組んで

一番手で出場した一回戦は空の良いところが出ないうちに散ってしまう。
バタバタでアップをする時間が取れなかったことが大きな理由かな。
でも、一番手、二番手のペアが勝ち上がり突破しました。

二回戦は三番手のオーダーになり、一番手、二番手が順当に勝ち上がり、先に二勝したので空ペアの出番はなく二回戦突破しベスト8確定です。

三回戦、ここで勝てば関東大会へ。
ここからは二面展開となり、三番手、一番手の試合が同時に始まります。
追いつくけど勝ち越せない。そんなゲーム展開の末、空のダブルフォルトでゲームセット。
一番手のペアも競り負け、エースのダブルフォルトでゲームセット。
ベスト4、関東大会への出場はなりませんでした。
県大会で空は一つも勝てませんでした。
市総体で空ペアが頑張ったので来ることが出来た県大会。
県大会では一番手、二番手に勝ち上げてもらったね。
それが団体戦。

それでもベスト8。
千葉県の出場選手は9900名だそうです。
一チーム6名なのでベスト8と言うことは48人
胸を張って良いことだと思うよ。
生涯付いてくる記録だからね。

これで、部活の引退だね。
お疲れ様でした。
よく頑張り通しました。

フォアハンドストローク

フォアハンドストローク

これからは、硬式テニスで頑張りなさい。
チチが相手をしよう。
まあ、間違いなくチチが完敗だろうけどね。