スワミベルト

使わなくて済むと良いです。

スワミベルト。
自分の安全を確保して貰うための簡易ハーネス。
それとカラビナ。スクリューロック式のきちんとしたヤツです。
来週行く予定の常念岳登山で僕にとってはちょっと危ないコースがあるので、仲間が確保を申し出てくれて道具を揃えました。
確保する側も危険な状況かもしれないのに有り難いことです。
それでも一般登山道です。
ゆっくりと安全確認で歩いてきます。

そんなことよりパッキングの軽量化です。いつもながら・・・。
先日の涸沢では約15kg程度の重量、実質の登りは横尾からなので何とか往復出来ましたが、肩の負担は相当だった模様で上半身の痛みが残っています。
まあ、痛みは今日ケアしてきて大分良くなりました。
常念岳への後半は急登で涸沢への比ではないようです。
軽量化は必須・・・。

昨日、余り考えずパッキングしたら12kgと煩悩が詰まりすぎ(笑)
12kgにはザックの1.5kgを含み水を含んでいません。
おまけにテントも入れていません。
今回のテントはアノ方と共用でアノ方が担いでくれるのです。
それなのにこの重さ。

◇今日やってみた軽量化

・コッヘルをチタンに変更(-350g)
  →SPトレック900→エバニュー:チタンクッカー深型Sセラミック
   ご飯をチタンクッカーで美味しく炊く目標もあり(笑)
  →軽量化とは別に持ち手が横型のタイプが欲しかった。掴む握り方がグッド♪
  →持ち手にシリコンチューブが付いているのも熱くならずグッド♪
  →ラーメンは二つ折りで作れるギリギリの容量♪
・デカシェラをチタンに変更(-100g)
・着替えを入れるスタッフザックを変更(-80g)
  →完全防水から簡易防水へ
・レンズを単焦点から標準に変更(-350g)
  →85mmをやめた・・・。広角は捨てきれず(^^;;;
・シュラフカバーの利用を止めた。
  →手持ちの最軽量シュラフUL#4の快適睡眠温度は6度。
  →この時期の常念ではこのくらいが最低気温なのかなあ??
  →寒かったら、持っていくインナーダウンで対応出来そう。
  →持っているシュラフカバーはコッチだけどこんな軽量タイプもあったのね。重さ半分です♪と、新たな物欲も(笑)
  →天気予報次第では復活の可能性も残し。
その他なんやかんやで-2kgの軽量化に成功です。
食料周りを見直してみようかな。同じテン場で2泊で小屋もあるのだからね。
でも大した効果はないか(^^;;;

まだ行動食も水も入れていないので1.5kgくらいは増えるのかなあ。

今回のザックはいつものイーサではなく、オスプレー・ケストレル48のデビューです。
ちいにゃは既に涸沢で使っていますが僕は初めて。
同容量のタロンはベルト類が華奢でパッキングの重さがダイレクトに体に及んだ感じがして買い換えています。
どんな担ぎ心地でしょうか。