習慣化しようと思っています。

もう20年くらい前でしょうか。
システム手帳全盛の頃、そのブームに乗って「filofax」を愛用していました。
仕事でバリバリ使っていたわけではなく、ごく普通の記録用でしたね。だったらそこら辺の手帳で十分じゃんって言ったらダメです。
「凝る」ことが大切なのですから。

手帳を付けることが面倒になったのが15年くらい前かなあ。
ぷっつり付けなくなりました。
それ以来、年末の手帳シーズンになると買って付けてみようかなあと思うのですがなあなあと。
システム手帳はもういらないと思ってるし、「凝る」対象となる手帳にも出会わず。
3年くらい前に「ほぼ日手帳」なる手帳の存在を知り、いいかも、と思い。
それでも購入まで踏み切れず。去年からは「cousin」なるA5版のサイズも登場して気になることは一段と。

そんな思いで過ごしている中、mel女史がTwitterでほぼ日が届いたと呟かれ。
背中の一押しとは正にこのことでしょう。数時間後にはポチッとしていました。

そして、先日届きました♪
More »

1 / 11
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。