道志川の源流ってどこなんだろう?
先週、道志川の下流域でキャンプを楽しみましたが、その時にふっと思ったのです。
漠然と、山中湖かなあと。道志みちは山中湖に通じるからね。


気になって調べてみました。
そしたら山中湖ではなくその北東にある山伏峠の辺りでした。
そうです、この峠を忘れていました。

道志川は山伏峠を水源として道志みち(国道413号線)沿いに流れ、津久井湖に注いでいます。
この川沿いには道志銀座と表されるくらいに、数多くのキャンプ場がひしめいていることでも知られています。
すべてのキャンプ場を訪問して「道志みちキャンプ場案内」等を発信したら、多くのキャンパーにとって有益になるかなあ。
まあ、内容次第か(笑)
更に地図を眺めていると、道志川に流れ込む津久井湖には北側からもう一本流れ込んでいます。
流れを辿ってみると、
津久井湖→相模湖→上野原→大月→都留→富士吉田→山中湖
と繋がっていました。
また、津久井湖から南側は、厚木→平塚と流れ相模灘に。
相模湖から南の流れは「相模川」で、相模川から西の流れは「桂川」と呼ばれています。

山伏峠から西に山中湖へ流れる川はあるのですが、名前を確認できませんし、峠からは少し離れているようです。
仮に、山中湖の標高がもう少し高く山伏峠もなかったら、山中湖を分水嶺として東西に流れ出た道志川と桂川が津久井湖で合流し、太平洋に注いでいたかも知れません。

日本一長い川として知られる信濃川、この源流は秩父の甲武信岳なのですよね。
此処で湧き出る水が367km先の日本海に注いでいます。
高校までこの河口近くに住んでいたので思い入れがあります。

地図を見るのが好きで時々こんなことを調べてはニンマリしています。