バックパックに必要な道具に求められるのは「コンパクト・簡単」だと思う。
コンパクトさは軽量化につながり、簡単さはそれ程重要ではないかも知れないが、設営や準備に要する時間を短縮できるのは悪くはない。
改めて去年の上高地バックパックの装備を思い起こし、次回に持って行こうと思う装備を洗い出してみよう。

きっと不要なモノがあるに違いない。


・テント
 スノーピーク・ランドブリーズソロ
 ソロ用のテントを買い足す経済的余裕はない。

・シート
 ユニフレーム(1mx2m PUコーティング)
 テントのグランドシートに使用

・シュラフ
 モンベル・ULスーパーストレッチダウンハガー#0
 #1も持っているが#0の方がコンパクトになる。

・マット
 Therma Rest ProLite・3 Regular
 オプション商品の「ライト20」も狙っている。これがあれば快適座椅子のできあがり。
 値段もそんなに高くないし、きっと買うだろうな。

・タープ
 持って行くかは未定、直前の天気予報で判断しようか。
 持って行くとしたら、スノーピークのペンタになりそうだ。
 
・ストーブ
 スノーピーク・地
 できれば安全面を考えて分離型ストーブにしたい。去年はひっくり返してしまった・・・。
 燃料をガスにするなら、候補はプリムスの「P-GR グラビティ・ガス・ストーブ」だ。
 イグナイターがホース中間部に付いており、僕には操作性が非常に高いのがポイントだ。
 それとプリムスが好きだから。
 液体燃料系にするならオートキャンプの時も考慮して購入する必要がある。

・ランタン
 プリムス・P-541
 これは購入予定だ。メタルメッシュのホヤでトリガー式のイグナイター、引っかけチェーンが付いていることが重要ポイント。スノーピーク好きとしては「天」を選びたいが、チェーンが付いていないことが致命的だ。点灯したランタンのガス缶を持って移動することが僕にはできないから。

・クッカー
 スノーピーク・「焚」、「トレック900」、シェラカップ
 
・水筒
 カスケード・プラティバス2.5L
 使わない時は丸め込めることがポイントだ。
 
・テーブル
 スノーピーク・バハ
 別にテーブルは絶対に必要ではないが、平坦な場所を作ることは快適につながる。

・食料(6食分)
 持って行くクッカーで調理できる食材になる。当たり前か。
 忘れちゃいけない「魚肉ソーセージ」

・サンダル
 必要ないかも知れないが、フィールドに落ち着いた際直ぐにでも靴を脱ぎたかった。
 2泊の予定だし持って行こうかな。
 ビーチサンダルではなく踵をホールドするタイプでしょう。
 
・燃料
 ガス缶、どのくらいかなあ。

・焚き火
 ユニフレーム・ネイチャーストーブL
 安全に焚き火が出来るのと、火器となり調理も可能だから。

・雨具
 きっとどしゃぶりはないはず。根拠はないが。
 どうしようかなあ。

・着替え
 雨に濡れなければ着た切り雀でよいが、万が一サービスだ。
 靴下はきちんと用意していこう。

・その他
 ファーストエイド
 ナイフ
 パーママッチ
 細引き
 ゴミ袋(大-テント、タープ・小-本当のゴミ)
 コンプレッションベルト(雨で濡れたテントを絞る非常用)
 軍手
 携帯電話
 カメラ、一脚
 調味料
 手拭い、タオル、歯ブラシ
 ティッシュ、ウエットティッシュ(食器を洗わないで済ませる為)
 タバコ(2箱)、携帯灰皿
 文庫本1冊
 
 
総重量はどのくらいになるのだろう。
これだけの道具をザックに詰め込む。去年の経験からはこの程度でもそれ程辛くなかった気がする。
まあ、歩く距離が大したことはなかったし、殆ど平坦な道だったからだと思う。
去年は娘の林間学校用のリュックに詰め込んだけど、今度こそはきちんとしたザックを買うぞ。
何事も格好から入らないと・・・。
早めに用意してパッキングしてみよう。どのくらいの重さかを体感しなくては。