IMG_0105.jpgSPS晴海で開かれたイベントに出かけ、写真のようなストーブがディスプレーされているのを見た。
これは時計ストーブというのだ。新潟県三条市の地場企業が製作されているとのこと。
分解してもさほど小さくはならないので、キャンプ場まで運ぶのは現実的ではない。これ以上車にキャンプ道具を積めないから。
焚き火とは違うゆったり感があってこういうストーブも良いな。煙突を出すスペースを工夫すれば、シェルの中でも使えそうだ。
値段も高くなく(これは1万円以下)車に積めれば買ってしまいそうだ。
月末のイベントキャンプで持ってくるそうなので、楽しみにしておこう。

このブログで関連すると思われる他の投稿