五色沼と紅葉夜中の関越自動車道を新潟へ向けて走る。
関越トンネル走行中「出口ユキ 誘導規制」の電光掲示板
おいおい。
スタッドレスタイヤは買ったけどまだ未装着だぞ。
出口は吹雪だ。
融雪パイプから水鉄砲のような水を浴びながら、誘導されてパーキングに入る。
パーキング内には積雪は無く、路肩にあるのみ。
本線に戻り走行を始めるが道路上はシャーベットにもなっていなく一安心だ。
良かった。
もうちょっと遅かったらチェーン規制になっていたかも。
これからの季節、雪国へはスタッドレスタイヤ、チェーンは必須です。


法要の翌日、宿泊先の会津若松の宿から裏磐梯の五色沼を目指す。
家族に見せたかった僕のお気に入りのエリアだから。
五色沼はキャンプ場やハイキングコースもあるが、やっぱり観光地だ。
紅葉の名残と雪、そして神秘的な色合いの五色沼、撮影ポイントにはいつも人がいっぱいだ。

裏磐梯・檜原湖畔にて ステップワゴン寒風の中、どうしてもって空にせがまれボートに乗る。
おばちゃんに抱っこされご機嫌だ。その後もお土産屋さんであれこれと。
キャンプが絡まないこういう時間は久しぶりだったかな。
と言っておきながら、五色沼からちょっと北に位置する檜原湖畔にある「こたかもりキャンプ場」に行ってしまった(自爆)
何年か前のGW、ここをベースキャンプにして近くの「猫魔スキー場」でスキーを楽しんだことがある。
今ほど装備は充実していなく、やけに寒かった。

ぐるっと一回り、今回の走行は920kmだった。
慣らし運転も終えグッとエンジンの回転数を上げてみようかと思ったが、3000回転くらいで120kmの速度になってしまう。
今回は3列目シートにも乗車していたので、ワインディングロードでぶん回すわけにもいかず回転数のアップは次の機会に試して見よう。

アイポイントが高いと、やはり運転が楽になるようだ。
渋滞が無かったこともあるのだろうけれど、あまり疲労を感じなかった。
それよりもスピードを出さないようになったことが大きい理由かも知れない。

このブログで関連すると思われる他の投稿