EF50mm F1.4 USMレンズ欲しい病です。
自然の風景を広域で写したくて広角レンズを、草花やモノを写したくてマクロレンズをと。
僕にとってはどちらも高額商品です。
趣味の予算でぱっと買えるものではない。
だから代わりにってことではないけど考えてみた。


単焦点の明るいレンズ、これまでF値が1.4のレンズなど持ったことはない。
明るいレンズほどボケ描写も出しやすいし、少しの光量でもシャッター速度を遅くすることなく写せる。
持っているEF-S18-55mm F3.5-5.6とは撮影領域がかぶるけど、レンズの明るさは雲泥の差がある。
50mmをKISS dNに装着すると凡そ80mmくらいになる。ちょっとした中望遠かな。
写したいアングルを得るためには自分の足で移動する。
明るい単焦点レンズで一眼カメラの基本に戻ろうかなあ。
研鑽を積んでさらに予算に余裕が出来たら、用途に応じた広角やマクロにいっちゃうか。
でも、明るい単焦点レンズを使い出すと、欲しい画角の明るいレンズがきっと欲しくなる。
そう「レンズ沼」ってやつに足を踏み入れる危険性がとても高い。
それにこのレンズだって高額商品だ。
だったら少し我慢して「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」と「EF100mm F2.8 マクロ USM」を狙っておくか。
Canon純正以外のレンズメーカーもあるよなあ。
あぁ・・・。
自問自答、葛藤の日々。

このブログで関連すると思われる他の投稿