フィギュアスケート、演技を終えて採点結果を待つエリアをこう言うのだそうだ。
まさに言いえて妙だと思う。
タイム競技なら結果は瞬時にわかるが、採点競技は結果がわかるまで時間があり選手はドキドキなんて通り越しているんだろうな。
寝坊して荒川選手が暫定1位になった時のライブ映像は見られなかったけど、最終演技だったスルツカヤ選手のそれは見られた。
クライの表情だ。


選手控え室で1位が確定した荒川選手の表情はまさにキス。
その様子を見ていたら思わずウルウルしてしまった。涙もろいので当たり前か。

選手が努力した結果で僕らに感動を与えてくれる。
その結果がメダルでなくても良いんだ。
誰かに感動を与えることが出来るってことはとても素敵なことだと思う。
気持ちの良い朝でした。

このブログで関連すると思われる他の投稿