トレッキング時の体温調節はウエアのレイヤリングが重要って言われている。
要は重ね着での調節ですね。
今週末は上高地にスノーシュートレッキングで行き、テント泊をしてくる予定です。
ザックを担いでスノーシューで4時間近く歩くと、かなり体力は消耗するだろうし汗もたくさんかくことでしょう。
雪の季節に着るウエアーはスキーウエアーしかなくて、どんな格好で行くか随分悩んでいた。
もう雪の季節は終わるので冬用のウエアーに予算はかけたくないし。


手持ちのウエアーを最大限活用させるプランです。
あっ。一つ買いました。
モンベルのU.L.ダウンインナージャケット

今週末の上高地での最低予想気温は0度くらい、って前提で。
そして日曜日は雨が降るかも。
僕は暑がり。

行動時:
半袖Tシャツ(速乾タイプ)+フリースジャケット+レインウエアー(ゴアテックス)

休憩時・夕方以降:
半袖Tシャツ(速乾タイプ)+フリースジャケット+ダウンインナージャケット+レインウエアー(ゴアテックス)

レインウエアーは防風性も高いし、帰りに雨となってもそのまま使える。
パンツもゴアのを買おうと思っていたけどサイズがなかったので、今回はスキーウエアーのままです。
先日買ったTNFのBIOTEXを初めて使います。どれ程の効果が出るのかとても楽しみ。
そう言えば今年の初キャンプだ(^^)