20数年ぶりに遊んでみよう。

20代後半から30代前半はスキューバダイビングに熱中していました。
南の島を訪ねてはダイビング三昧の時間ばかり。

いろんな時間が流れて今のソトアソビはキャンプを絡めて山歩きが好き。
と言ってもここんとこどこも歩いていないのです。
自分で歩いてこそ見える風景求めて歩き始めたけど、自力でザックを担げないハンデを持っていると常にパートナーが必要になる。
山歩きをあまり好きじゃない空を無理に連れて行くのもイヤだし、最近膝が弱っている妻にも申し訳なく。

山歩きの時間を無くすことはしないけど、その割合を減らそうと思う。
去年は表銀座の縦走もして思い描いていた風景に出会うことが出来た。
がんばったしね。
空が中学生くらいになったら何処かの山をのんびり歩ければシアワセなので、山歩きは頻度を抑えて継続しよう。

昨年の夏に雷鳥沢で遊んだあと、下山してから能登半島・千里浜での海水浴デビューでの笑顔を忘れられないのです。
空は本当に楽しそうでしたから。

これまでの空のソトアソビはキャンプと山歩き。
他のことも体験させてあげないと、と思うのですよ。
親に経験もないので芸術系の選択はありません(笑)

親も思いきり楽しまないと♪

海をとても好きになるように、初めてのシュノーケル遊びは磯を選ばないと。
目星を付けているのは南伊豆のとあるとこ。
キャンプ場も割と近くにあるし、夕日も綺麗に見えるところだし。
地元の房総には思い描く磯がないのよね。もっと探せばあるんでしょうか。

初夏が待ち遠しいなあ。

このブログで関連すると思われる他の投稿