ランドステーションM

ランドステーションM

結局、精進しました。

この製品が出た頃、ランドステーションにするかリビングメッシュエッグにするか悩んだあげく、3年前の記事「物欲日和」にあるようにエッグを買いました。

その一年後、わずか2回の設営のみでキャンプ仲間の元に旅立ったエッグ。
それ以来、シェルター系の幕体がないままでキャンプを楽しんでいました。

この2年間はキャンプより山歩き+キャンプのスタイルが多く、晩秋から早春にかけてキャンプをする回数も少なかったので、このような大型の幕体はあまり必要を感じていませんでした。

それなのに何故、買ってしまったのか。
二つの理由があるのです。

◇一つ目

先日、使用頻度が激減しているキャンプ道具をオークションに出品しました。
スノーピークのレクタMとワンアクションちゃぶ台Mです。

レクタMは2003年製のGYカラーでシールドも一番濃く、一部にユーザーからは暗すぎるとの評価を受けGYモデルは短命だったと聞いています。
定価2.8諭吉がオドロキの3.6諭吉で落札されました。
今は亡きGYモデルの需要が大きかったのでしょうか。
最低落札価格は1.8諭吉に設定していたの倍額、これはびっくり。
同一モデルの手持ちタープは、レクタL、ヘキサL、ヘキサSがあるんです。
出品したらどうなっちゃうんでしょうね(笑)

ちゃぶ台は定価1.5諭吉の所を無難に1諭吉にて。

合計4.6諭吉が手元に・・・。
資金は出来たと(笑)

◇二つ目

今年も山歩き+キャンプで楽しみたいのですが、奥様の膝の調子が悪く、復調するまでは山歩きは娘と二人で行ける範囲で楽しむことが多くなるのではと。
そうなると、キャンプの回数が増えるであろうし、そこでより快適に過ごすことが出来るであろうシェル系幕体は備えるべきと。
なにより、資金の手当てができた・・・。
オクでの売上は漱石が数名留まったものの、諭吉は数日滞在の上いなくなりました。

と、言うわけでメーカーのカタログ落ちになっている「ランドステーションM」を精進したのです。
それもオクで落札♪

初張りは今週末の予定

とりあえずは、ランステにステラのインナーを突っ込みちいにゃと空が寝て、僕はコットで寝ようと。
ついに幕内別居へ^^

GWも終わり梅雨入り間近の高規格キャンプ場は穴場に違いないと勝手な予想にて、北軽井沢の高規格キャンプ場に予約を入れてあります。
同伴歓迎♪