フライシートが無くてもテントとして機能するもの。
インナーがフライを兼ねている。生地はゴアテックス等の防湿・透湿で出来ているものです。
バックパックを考えると一日歩いてテント設営時に雨が降り出す、なんてことはあり得るわけで、そんな時フライを掛けることなく設営できるのはとても便利だと思う。
特に僕のように設営に時間が必要な場合は、インナーを雨で濡らすことなくフライを掛けるなんて無理です。

そんな時にもシングルウォールテントならその心配が要らないわけです。

家族でのバックパックを想定してモンベルのステラリッジ3を持っている。
もちろんシングルウォールテントではない。
今年のモンベルの新製品でシングルウォールテントの「マイティドーム」が発表された。
ポールやグロメット、テンションのかけ方などは、ステラリッジを踏襲しており僕には使いやすさと共に安心感を与えるものだ。
他のメーカーでもシングルウォールテントは製品化されており、評価の高いものはたくさんある。
モンベル好きとしてはこれで決まりですね。
決まりというのは選択が決まったと言うことで、買うことが決まったわけではありません。
まあ、近い将来買うとは思いますけど(笑)
シングルウォールと言うことでもちろん軽量化になるわけですが、僕にとっては軽量化より雨天での設営をノンビリできる事の方が魅力的です。
前室はオプションを付けないと出来ないので、調理をテント内で行う必要があるという僕にとっての危険性があるのですが。

モンベル・マイティドーム2型