GIRO Seam

GIRO Seam

ホント。
今更なのですがヘルメットです。
スキーにおける着用の必要性は認識していましたが、今一歩踏み切れずの状態でしたが、とても大きなきっかけがありついにヘルメットおじさんの仲間入りをします。

思い切って日本テレビで放送されている「イッテQ」のヘルメットおじさんに成りきる選択しもありました。
が、僕がそんな選択をするはずもなく。
かといって、スキー用ヘルメットを選択する知識もなく、いつものヨシキスポーツに置いてある中から、フィット感、デザインで選んだらこれになりました。
カラーはマットブラック。

GIRO Seam

一日券約4枚分のプライス!

これで頭部を守ってくれれば安い物です。

そうそう。大きなきっかけですね。

先週の土曜日はピラタススノーリゾートへ。
今回はキャンプでいつもお世話している?また兄さんもご一緒に。

ロープウエイを降りて一本目の滑り。
上部はやや狭いコースが続きゆっくり滑り出します。
やがて少し広くなりきつい斜面を滑り、階段の踊り場のようにフラットになり、後ろを滑る空とまた兄さんが視界に・・・。

覚えているのはここまでで次の記憶はスノーモービルらしき物に乗り、自分の板が運転者の前にあること。
スノーモービルを降りた記憶もなくいつの間にかパトロールセンターのベッドに座っていたこと。

----ここからはまた兄さんの目撃証言

前を滑っている僕が突然転回した。
頭部を斜面上部に向け俯せに倒れていて、左手は胸の下にあり両足は板を履いたまま×にクロスしていた。
話しかけても反応せず「うー」とか発するのみ。
異変に気がついたボードの人が板を外す作業をしながら僕の反応を見るも変化無し。
そこで僕を動かさない方がよいとの判断をする。
近くを巡回していたパトロールの人が来てくれて、無線でスノーモービルを呼ぶ。
大凡、10分後に僕に反応あり。
また兄さんを見て「兄さん、なんでここにいるの?」
空を見て「おう、空~」
と言ったそうです。

----ここまでまた兄さんの目撃証言

踊り場で滑りに油断が生じ外エッジを引っかけ急転倒、アイスバーンに近くなった堅い雪面に右側頭部を強打、その反動で揺られ左頬の皮をキレイに剥く。反動が数回あり軽いむち打ち。
右側頭部を強打した時点で脳震盪を起こし一時的な記憶喪失になったのでは、と自己分析です。
今でも記憶がない時間帯があります。

空に父親がへたってる姿を見せたこと、心配をかけたこと。
とても申し訳なく思っています。
二度と無いようにとり得る安全対策はしなきゃいけないと強く思い直しました。

せっかくスノーシューを履いて坪庭経由で縞枯山荘でコーヒータイム中だったのに、呼び出されたちいにゃ様にもちょっとだけ申し訳なく(笑)

パトロールセンターを出てから小一時間休憩しました。
飲み食いも異常なくできたので一安心です。
それからはスキーを楽しみましたとも。

記憶復活後のショット

記憶復活後のショット

◇ピラタスの耳寄り情報!
駐車場前の休憩所は24時間開放されています。
スチーム暖房も程よく効いているので、今回はいつもの車中泊を止めて僕とまた兄さん二人はテントのインナーマットを敷き寝袋に潜り込み快適に睡眠を得ることが出来ました。
朝の7時前に撤収ならどなたにも迷惑をかけることはありません。
火気厳禁が唯一残念ですがテーブルと椅子もあるので、ゆっくり広々と朝食を摂れるのはとてもポイントが高いです。

ピラタスロープウエイ山頂駅前にて

ピラタスロープウエイ山頂駅前にて

4年前にスノーシューで遊んだ様子はこちら。

のんびりスノーシュー

また兄さん
大変お世話になりました。

このブログで関連すると思われる他の投稿