高原の夏キャンプ

無印良品南乗鞍キャンプ場

 

2004/7/17-19

トウモロコシがとっても甘く美味しかった。
村のホームページのキャラクターに、トウモロコシを使っているだけのことはありました。
『高根村の中でも、標高1,300m前後の地域で栽培されたトウモロコシだけをタカネコーンと呼びます。』高根村ホームページより
と、約2ヶ月ぶりにキャンプに行ってきました。
高原の日差しをシールドヘキサの下で和らげながら、ラグの上でゴロゴロと読書、傍らでダッチ料理・・。『チチ、遊んで!』と空が呼ぶ声でボール蹴りなんぞしながら高原散策・・の予定でした。
が、雨、曇り、大雨、薄日、雨・・・の繰り返し。
夜、テントの中であんなに強い雨音を聞いたことが無いです。
自然相手に思うようにはなりません。
でもね、撤収時にはちゃんと晴れてくれたんです。おかげでテントもタープもしっかり乾きました。
直前に買ったユニフレームのダッチで、パン焼きやトウモロコシの蒸し焼き。
スローな時間だけは過ごせたかな。

キャンプ場に着く前の観光です。
木曽路の奈良井宿へ寄りました。
昔の宿場町の風情が残っており、なんか落ち着きますね。
   
三姉妹??
   
サイト到着。
区画サイトですが広々で良いですね。
目の前は池で静かです。

   
設営も一息でまったり。
今回はイスを使わず、ラグを敷いてのロースタイル。
   
いつもより目線が低くヘキサでも開放感は味わえます。
   

虫の目線ってこんなかな?

   
おもちゃより『トング』
貴重な陽射し・・・。
   
パン作り。
美味しくできるかな(^^)
   
さ、新品のダッチです。

   
サイト前の池。
イイカンジ。
   
雨雲の動きが速い。
おまけに寒い。
標高1600m、防寒着を持ってこなかった・・。
   

ねえ、なんでアタシが焚き火番なのさ・・・。

   
年子の姉妹
   
初物はレクタのひらりんさん
   
帰路、道志道での夕景

提供:車窓写真家 ちいにゃ

キャンプ場 ミニインプレ
キャンプ場ホームページ

関東地方から行くには最低でも2泊はしたいですね。
遠いことが大きな理由ですが、標高1600mにあるので天気が変わりやすく1泊だけだとずっと雨ってことになりやすいから(笑)
自然の風景、環境は僕の好みで申し分ないです。サイトによってはサニタリー棟や管理棟に遠いけど、近くが良いなら予約時に指定出来ます。近すぎると人の移動がしょっちゅうあって落ち着かないかも。
一応区画で区切られていますが広いので、お隣のことはあまり気にならないでしょう。
今回はあまり天気に恵まれなかったので、高原の夏を満喫ってことはなかったですが、シーズンオフにまた来たいキャンプ場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です