芽吹きを感じて

八千穂高原駒出池キャンプ場

 2007/5/1-4

八千穂高原駒出池キャンプ場ずっと訪れてみたいキャンプ場でした。
それも駒出池の側に設営したいと思っていました。
白樺のエリアも良いのですが、何となくの拘りかな。
GWの混雑を想定して自分たちの目の前に、他のキャンパーが入り込まないようにとの工夫のつもり(笑)
上高地・小梨平を後にして平日にチェックインで、フリーサイトは選び放題でした。
連休前の2日間は貸し切りキャンプ場のようでしたね。
小梨平でのキャンプより快適道具も増え(椅子、テーブルとか(笑))、一段とのんびりなキャンプとなりました。
GWの後半に入っても我が家が設営したフリーサイトは窮屈感もなく、騒がしいグループもいなくて良かったです。
いつもお世話になっているYABU一家とも後半が合流です。
空もボーイフレンドに再会出来るのをとても楽しみにしていました。
GW全体でもとてものんびりキャンプを楽しめて、心も体もリフレッシュ♪


◇撮影は空いているウチに
他のキャンパーサイトが写り込まないように、平日のウチにたっぷり撮しておきました(笑)

八千穂高原駒出池キャンプ場 八千穂高原駒出池キャンプ場 八千穂高原駒出池キャンプ場 八千穂高原駒出池キャンプ場 八千穂高原駒出池キャンプ場

ちょっとだけ他のサイトも

八千穂高原駒出池キャンプ場 八千穂高原駒出池キャンプ場 八千穂高原駒出池キャンプ場

◇実践投入

リビングメッシュエッグの実践投入です。
簡単なレポはこちらにもアップしていますが、閉鎖空間になりがちなシェル内が全面メッシュにより開放感が一気に増しますね。
夫婦二人でコットを並べて使ってみたいものです。場所にもよるでしょうが晩秋の頃までは使えそうです。

リビングメッシュエッグ リビングメッシュエッグ

小梨平では出来なかったキャンプでの食事、ちょっとだけ豪華に^^

キャンプでの食事 キャンプでの食事 キャンプでの食事

◇白樺林

白樺が美しいキャンプ場です。
直立の白樺を見ていると背中がシャキッとしますね。

白樺林 白樺林 白樺林 白樺林 白樺林

◇白駒池

キャンプ場から車で20分くらい、標高差で800mくらい上がった所にあります。
麦草峠まであと一息。
北八ヶ岳エリア、さほど危険なコースもなく多くのトレッキングコースが散りばめられている所ですね。
幼児と一緒に楽しむにはぴったりでしょう。YABU家と一緒にプチトレッキングを楽しみます。
国道から入った所でも一面の雪です。コースはしっかりトレースが着いており迷うことはありません。
雪が解けた頃にもう一度訪れたいですね。

白駒池 白駒池 白駒池 白駒池 白駒池 白駒池 白駒池

◇家族ぐるみ

YABU家は白樺林のオートサイトです。
池の側とは雰囲気は全く違います。違うサイトを行き来することで一粒で二度美味しいってやつでしょうか^^

IMG_5487.jpg IMG_5604.jpg IMG_5634.jpg IMG_5656.jpg IMG_5559.jpg IMG_5572.jpg

◇ミニインプレ

ここのフリーサイトは駐車場からも近く道具の運び込みも楽に出来るでしょう。
天候の状態が悪ければ2号キャンプサイトの方がより近いので良いかも知れませんね。
今回はGWの混雑、駐車場が近い=騒がしいとの判断で、1号キャンプサイトの池の側に設営しました。
2号の池の側の方が平坦な場所が広く5張りくらいは張れるでしょう。対して1号は多くて2張りがせいぜいです。
フリーサイトは平坦な場所が少なく、早い者勝ちで埋まっていくのでのんびり到着だと良い場所はゲット出来ませんね。

水場もトイレもきれい。高規格の部類にはいると思います。
公式サイトのマップはこちら

初日と最終日では芽吹きの大きさと緑の濃さ、広がりに新緑の進み具合を感じることが出来ました。
季節の変わり目に滞在キャンプを楽しめたからこそ気がつくことでしょう。
そんな気がつきをもっと増やしたいです。
のんびりと自然を楽しもうよ、ですから。

芽吹き 芽吹き 芽吹き 芽吹き

また訪れたいキャンプ場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です