浄土平を楽しむ

兎平野営場

 2007/6/16-17

一切経山久しぶりの東北地方です。
気分を変えて常磐道-磐越道-東北道で福島へ。
浄土平のレストハウス駐車場に着いたのは午前1時を少し回った頃かな。
車から出ると空には一面に天の川が広がっています。
写真を撮ろうにも三脚が吹き飛んでしまうくらいの強風でとても出来ません。
横になっても風でステップ君が揺れます。漫画なら飛んでいくんでしょうね。


◇吾妻小富士

午前7時
前泊していたYABU家と合流です。
子連れ同士のキャンパーとしてすっかり仲良くさせて貰っています。
特に空は上のお兄ちゃんがお気に入り。
彼が行くとなると嫌いなお山でもニコニコ^^

浄土平駐車場から道路を挟んだ吾妻小富士で足慣らし。
雲一つ無い青空。
強風の中登ります。この風さえなければなんてこともない登り。

吾妻小富士 吾妻小富士 吾妻小富士 吾妻小富士 吾妻小富士

◇一切経山

この山を目指していました。

一切経山

頂上からの五色沼の風景に会いたくて。
でもね、とにかく風がすごいんです。
登山道の取っつきから少し行くと尾根道になるのですが、大人でさえ立っているのがやっとって感じの強風の中、ガレて狭い尾根を子ども達に歩かせることは出来ません。
もう少し風が和らいでくれていたら、楽しい尾根道だったかも。
キツイ登りは変わらないけどね。
また挑戦しましょう。

一切経山 一切経山

◇蓬莱山

一切経山を下る際にこちらへ回り込もうと思っていました。
上の写真の雪渓がある山が蓬莱山です。
一旦、周回コースの入り口まで下ります。
周回コースは僕たちが通った反時計回りの方が楽な感じがします。

蓬莱山

蓬莱山自分の背丈の半分近い段差を両腕も使い、文字通りよじ登ります。
子どもの目線からは段差が壁に見えることでしょう。
空が山歩きは嫌いって言うのはこの辺が大きな理由かも知れません。
この山歩きまでは「雷鳥沢」は行きたくないと言っていましたが、今はこちらが行きたくない山の1番に輝いています。
確かに雷鳥沢に比べたら段差の高さも斜度も距離も遙かに上をいっています。
空にはしんどかったんだね。

蓬莱山 蓬莱山

空も普通のオートキャンプに行きたがっているような(笑)

一切経山の尾根 蓬莱山の雪渓 蓬莱山

◇酸ケ平

登り切ると木道歩き。
右手に行けば避難小屋を抜け一切経山へ抜けます。
計画ではここに下ってくる予定でした。
池糖が点在する湿原はその広がりと、快晴の青空と相まってとても美しいものです。
それにしても強風は吹き荒れます。
Tシャツだけでは寒いくらい。日差しは強烈なのに風は冷たい。
標高の高さを感じます。

酸ケ平 酸ケ平 酸ケ平 酸ケ平 酸ケ平

◇鎌沼

上空写真を見ると鎌の形をしています。
蓬莱山の頂上を巻くように酸ケ平、鎌沼と続きます。
鎌沼のほとりで大休止。
子ども達はお待ちかねのおやつ。
僕も登りだしてから初めて座ります。小休止の時も立ったままの休憩で通しました。
この方が良いって何かで読んだ記憶が・・・(笑)
今回も一応は槍に向けてのトレーニングなので、不要な小荷物をザックにパッキングです。
前回の尾瀬に比べたら軽すぎたと反省。

鎌沼 鎌沼 鎌沼 鎌沼 鎌沼 鎌沼

浄土平は草津の白根山を彷彿させる山岳風景、トレッキングコースも豊富にあり、以前から行ってみたいエリアでした。
1泊ではちょっと遠いかも知れませんが、金曜日をP泊にすれば充実の週末時間を楽しめると思います。

雪渓

浄土平ビジターセンター

◇浄土平の花々

名前が違っていたらご一報をm(__)m
マクロレンズ、欲しくなるよね(^^;;;

オオカメノキ ムラサキヤシオ イワカガミ IMGP1771.jpg ミネザクラ IMGP1783.jpg IMGP1785.jpg

◇兎平野営場(浄土平野営場)

名前の通りキャンプ場と言うより野営場って雰囲気です。

IMG_6688.jpg IMG_6695.jpg IMG_6698.jpg

兎平駐車場の向かい側に入り口があります。
オートキャンプは出来ません。
調べてみると昨年から運営を再開したようで、水場とトイレが真新しくなっていました。
キャンプ場の入り口から各サイトまでは木道が続いています。

兎平野営場 兎平野営場

水はけがかなり悪いようで、サイトもテントデッキの工事が始まっています。
サイトは開放感はなく木々で周囲を遮られています。

兎平野営場

キャンプでのんびりする使い方ではなく、山歩きの後にダラ~っと過ごすのに向いているかも知れません。
大人400円、テント1張り500円。
水もトイレもある高規格テン場ですね。
浄土平のトレッキングの時にはまた利用しようと思います。

一切経山の登山道入り口にある臨時駐車場にP泊してみたいなあ。

浄土平天文台の様子はこちら

浄土平を楽しむ」への7件のフィードバック

  1. 吸い込まれそうな空ですね。

    かなり寒そうな?・・・装備を見ますと。
    (第2の男なので装備に目がいくのです^^)

    東北の山もいい山がいっぱいありますね。
    鳥海山にいつか行ってみたいですねえ。

    といいつつも、サイトに咲いたカラフルな装備などにも
    目ざとくチェックを入れております 笑

  2. ワイルドそうな野営場ですね。ネットで調べてみると
    軟弱な我が家にはキツそうなWCのようですが、改築後
    ってどんな感じでしたでしょうか?

    入笠湿原のキャンプ場、確かに山彦荘の前に「キャンプ場
    受付」なる看板は見かけたのですが、「何処にテント張って
    いいの?」という感じでした、現地では。
    後で調べてみたらそれもそのはず、今年より閉鎖されて
    しまったようですね。。。

  3. こんばんはー。
    すごいすり鉢!!すごい青空!って写真に感激しまくりのmelで~す^^
    これはまた本当にステキなところですね!
    東北方面も良いところがいっぱいありそうでイイな~♪

    空ちゃんもがんばって登ってますね~~。エライエライ!
    それにでっぱさん、立ったままの休憩で登っただなんてすごいじゃないですか!^^
    でも、強風では仕方がないですね。
    山頂からの景色を私も見たいので是非またチャレンジしてくださいね(笑)
    槍まであと3ヶ月でしたよね?
    丁度良い具合に体ができあがるといいですね^^

    しかし快適なP泊羨ましいです^^;(笑)
    さて、うちの70にもそろそろ手を加えようかな~♪

  4. お世話になりましたm(__)m
    強風は残念だったけれど、素敵な景色でしたね♪
    一切経山、上のお兄ちゃんはリベンジしたいようです。
    空ちゃん、一緒に登ってくれるかな?(笑)

    空ちゃんがいつ現実に気付くかとても心配です。
    暗い所では素敵に見えた彼が、
    明るい所へ行くと・・・な感じと同じだったりして(爆)

  5. >エドヤマさん
    はい。寒かったです。
    冷たい風の影響でしょうね。指先も冷えてきました。

    バックパックキャンプ、豪華版の装備です。
    駐車場からも気軽に歩ける距離だったので、充実しています。
    どれが気になったんでしょう。
    それが気になります(笑)

    >zoutaさん
    山の鼻並のトイレに変貌しています。
    洋式もあるので長期滞在もOKです(笑)

    今年から閉鎖なんですか。
    むむ・・・。
    閉鎖寸前のキャンプ場は野趣たっぷりで僕好みなんだけどなあ。

    オートキャンプ、行きましょう♪

    >melさん
    東北地方は自然もたっぷり。
    以前は東北道で通い詰めていました。

    空のがんばりはいくら褒めても褒めすぎることはないくらいがんばりです(*^o^*)
    でも、歩くのは嫌いらしいです(:_;)
    登山体には程遠く。どうしましょうって感じです。
    melさんの山計画はいかがですか?
    一緒に楽しみたいなあ♪

    >YMAMAさん
    こちらこそお世話になりました^^
    彼が登ってくれるなら空はついていくでしょうね♪
    次はどこのお山に行きましょう。

    お兄ちゃんもいつ空の素顔に気がつくでしょう・・・。

  6. そらちゃんのヘアーの乱れとちいにゃさんのダウンセーター。
    強風と寒さが感じられます^^;

    そらちゃん大きな段差よく頑張った・エライ♪
    危険な尾根道は避けるなど家族トレッキングのお手本ですね。

    お天気も最高だけど素敵な場所ですね。楽園って感じです。
    草津と尾瀬が一緒みたいな。

    キャンプ場もワイルドな感じで山岳チックな味わいがありますね。

    それにしても最近「山」燃えてますね~~場所のセレクトも最高だし・負けそう^^;

  7. 僕もずっとダウン着ていました。
    暑がりなのにね。手袋が必要って意味が良く分かりましたよ。
    僕がサポート出来る範囲は少ないので、危険エリアは無条件にパスです。
    なまじっかサポート出来るより、潔くパス出来るので良いかも知れませんね。

    草津と尾瀬が一緒、うまい表現です♪
    酸ケ平は尾瀬のようでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です