新緑には早かった

PICA富士吉田

 

2005/4/16-17

新緑には早かった。

久しぶりに家族だけのキャンプを楽しむ。
今回はシェルを使わないでテントののみとしたが、夜風は思いの外冷たく、さっさと夕食も済ませ、7時半くらいにはシュラフに潜り込んだ。
スローキャンプのポリシーに近づいたかな(笑)
朝もいつもより早起きできた。

装備もコンパクトに絞っていったら、撤収も早かったこと。やっぱりシンプルは大きな課題だと改めて思う。
設営・撤収の時間をのんびりの時間に変えていこう。

子供が昼寝中、珍しく夫婦二人だけの時間を過ごす。雑誌を読んだりコーヒーを飲みながら他愛もない話をする。こんな時間をもっと増やしたいな。

隣になった同じ千葉県から来られたお子様連れのキャンパー、このサイトを見て頂いていたそうである。とても嬉しかった。
撤収中の会話でわかったのだが、もっと早い時間にゆっくりお話しできたら良かった。

キャンプ場の奥にある電源なしサイト。
各サイトの広さもマチマチ、サイト内に木もあり設営の腕が試されるかな。
   

半年ぶりに使うアメニティド-ム。
設営も10分と、シェルに比べたら何とらくちんなことか。1泊ではこの程度がよいです。

   
お隣のテントはすぐそこ。
何か長屋みたいだった。
   
振り向いてパチリ。
   
久しぶりにパン作り。
寒くて発酵が進まず、炭火の遠火で強制発酵中です。
上火が強すぎちょっと焦げたけど、パスタと合わせて美味しいランチでした。
   
マイクロバスで乗り付けた怪しい集団・・・。
聞いたところに寄ると新入社員研修で、毎年実施してるそうです。
夕飯は定番のカレーだった模様。
   
初物のBYERのローテーブル。
もう少し暖かくなったら椅子も使わないで、究極のロースタイルを楽しもう。
木の温もりが心地よい。
   
枯れ枝、松ぼっくりとネイチャー材をそろえて、ネイチャーストーブの出番だ。
茶コスタを使っての炭興しには十分の火力を発揮しました。
もう着火剤は必要ないです。
   
子供が昼寝中。ちいにゃと思い思いの時間を過ごす。
   
夜風が冷たかったのでアメニティーの前室で調理しています。
ローテーブル、シングルストーブ、パープルストーブと機動性のある道具は使い勝手がとても良いですね。
大きなテーブルとツーバーナーではこうはいきません。
   
プリムスの大型ランタン。現行品ではなくちょっと前にオークションでゲットです。
キャンプ場 ミニインプレ
URL

PICAのキャンプ場はこれまで西湖ばかり利用していたが、先行の富士吉田もどんなかなと利用してみた。
このキャンプ場はコテージとトレーラーハウス、パオが中心でテントサイトはおまけって感じがする。
これらの宿泊施設もぎゅっと混み合っていて、開放感に乏しい。テントサイトも窮屈でタープとテントがぎりぎり設営できるスペースだった。
スタッフの方と話す機会があって、思うところを伝えたのだが、彼も同じように感じていてこれからの課題ですと答えてくれたのは期待が持てました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です