黄葉につつまれて

小梨平キャンプ場

 2006/10/21-22

穂高連峰を眼前にやっぱり、上高地が好きなんです。
立山・黒部アルペンルートと並ぶ北アルプスのメジャー観光地で、いつも観光客でごった返している。
立山の雷鳥沢と同じようにちょっとだけ奥に入れば、観光客もぐっと減りとても静かな時間を過ごせる。
河童橋を通り清水橋を渡りビジターセンターを抜ければ小梨平、バスターミナルから15分も歩けば到着です。
新緑の5月も素敵だけど、落葉松の黄葉につつまれたこの季節もとても良いです。
梓川の向こうに聳える明神岳、前穂高、吊り尾根、振り返れば焼岳、背後には六百山と、北アルプス穂高連峰の山岳風景も眺めていられる。
そんな場所でキャンプを楽しめるのはシアワセですね。

先月、この明神岳の向こう側に広がる涸沢へ行く予定でしたが仕事の都合で行けなくなり悄気ていたのですが、同行予定だったmelさんとkさんが一緒に行ってくれることになりウキウキ。
彼女たちとは去年のバックパックの前に以来、トレッキングやオートキャンプでご一緒させていただいています。
両手に花が再びです(^-^)


◇いきなり到着
沢渡の駐車場で夜を明かし、6時頃にタクシーで上高地バスターミナルへ。
途中の大正池は靄が立ちこめ視界不良でした。それでも靄が消えるのを待ちわびていそうなカメラマンがぎっしり。
小梨平まで歩きキャンプ場の受付へ。テント設営料はひとり700円也。安いね。
設営はもちろん梓川沿いです。ベストポジションが空いていたので、テントのファスナーを開けたときに穂高連峰が飛び込んでくる向きに設営です。
ちょっとしたコダワリですね。
雷鳥沢キャンプ場以来の出動となったランブリソロ、その時の豪雨による泥汚れもそのまま。
まあ、機能性は変わらないので良しとしますか(笑)

ザックが軽いぞ グリベルの椅子を忘れたのでmy stone chair テント設営 テントサイトから森の方向 岳沢カール

コーヒーを淹れコンビニで買ったロールパンを3つ、とても質素な朝食だこと。
カメラだけを持って観光地へ散策へ向かいます。奥の明神池方面は風景の広がりが少ないので、広がりを求めて梓川沿いへ。

◇黄葉が見頃
上高地は落葉松やカツラが多く紅葉ではなく黄葉が多いです。
黄金色と緑、所々鏤められている紅葉がアクセントになって、フンワリ感たっぷりの風景が広がっています。
紅葉と黄葉、好みはあると思います。まあ、僕の好みは紅葉ですね(笑)

清水橋から梓川に流れ込む支流 清水橋から梓川に流れ込む支流 明神岳 明神岳 上高地の紅葉・黄葉 上高地の紅葉・黄葉 上高地の紅葉・黄葉 上高地の紅葉・黄葉 上高地の紅葉・黄葉 上高地の紅葉・黄葉 上高地の紅葉・黄葉 上高地の紅葉・黄葉 上高地の紅葉・黄葉 上高地の紅葉・黄葉

◇小梨平食堂
散策を終えテントサイトに戻ってきたのが2時頃、その間飲まず食わずで僕にはかなり極限状態でした。(笑)
何てったって散策の途中、清水屋ホテルで紅葉露天風呂にも入っちゃいましたから腹ペコで気持ち悪くなりそうでした。
ほかの二人は自炊でしたが僕はここで食べます。
ここの売店は肉・野菜・米と食材が豊富で、持ってこなくてもここで調達できます。
もちろんアルコールもね。

小梨平食堂 トンカツ定食は1000円

◇のんびり
オールウエザーブランケットとサーマレストを出してごろっと。
散策しながら写真を撮し、心底ゆったりと時の流れるまま。
キャンプ道具がどうだとかじゃなくこんなキャンプがいいなあと思う。
道具から入った自分が言うのも説得力はないけどね。
ようやく「のんびりと自然を楽しもうよ」に近づいてきたかなあ。

ごろごろ 木漏れ日が気持ちよいテントサイト 木漏れ日が気持ちよいテントサイト 木漏れ日が気持ちよいテントサイト 影 岳沢カールが陰り始める

◇天の川
夕日が焼岳の稜線に沈んで闇が覆い始めると一気に星空が広がります。
7時前にこんな星空、天の川まで見られるというのは人工の明かりから遠いということですね。
直火の焚き火が良い。他愛もない話、焚き火の音、梓川のせせらぎ。
静かな時間が流れます。

直火の焚き火 焼岳の稜線に日が沈む 焼岳の稜線に日が沈む 穂高連峰が夕日に染まる 穂高連峰が夕日に染まる 直火の焚き火 星空、漆喰の稜線、焚き火に照らされた紅葉 星空、漆喰の稜線、焚き火に照らされた紅葉

◇朝焼け
雲を紅く染め上げるモルゲンロートの迫力はないですが、朝日が明神岳、前穂高、吊り尾根、岳沢カールへと徐々に移動していく。
時間とともに移りゆく風景、大自然の中でキャンプをするなら是非とも楽しみたいひとときです。
なんて油断していると朝イチのバスで到着された観光客の方々が、小梨の森を抜け眼前に広がる穂高連峰の風景に歓声を上げながらやってくるのです。

melさん、朝イチ写真撮影 ちょっとだけモルゲンロート もう少しで梓川まで日が差し込む スポットライトのよう 朝食の準備 鮭おかゆと具だくさんみそ汁 朝のひととき 朝のひととき

◇小梨平キャンプ場
バスターミナルから15分、リヤカーの貸し出しもあるのでバックパックでなくても、ちょっとがんばればキャンプを楽しめます。
タクシーに積めるだけの道具を運び、リヤカーやカートで運べばいいんですから。野反湖キャンプ場のように途中の坂道もないので、どなたでも行けるのではないでしょうか。
普通のオートキャンプに飽きてきたら、こんなスタイルのキャンプもいかがでしょう。
炊事棟もトイレも清潔、とても高規格なキャンプ場です。

炊事棟 炊事棟

◇これまでの上高地

家族で初の上高地
上高地でソロキャンプ
自分で歩いてこそ見える風景
雪の上高地を歩く

相棒 ザックを担ぐ姿もサマになってきたかな

黄葉につつまれて」への15件のフィードバック

  1. おー一番乗りでした。
    紅葉最高ですね~!!
    (まだ仕事中)
    写真は後でゆっくり見させてもらいます。

  2. 待ってました~。
    お天気もバッチリでとってもキレイですね!
    小梨平って岳沢~穂高があんなに見えるんですねぇ。
    ソロでキャンプ行きたくなりました。(笑)
    そこをぐっと我慢してとりあえず家族で歩いてこようと思います。(日帰り・・)
    週末のお天気はなんともいえないですが、なんとか黄葉が残ってますように・・。

  3. >stoneさん
    遅くまでお疲れ様です。あまり無理をせず労って下さいね。
    もう若く・・・・(笑)
    お時間のある時にゆっくり見て下さい♪

    >HIROさん
    小梨平は上高地盆地にあるのでぐるっと山々に囲まれています。
    日帰りなら是非とも朝イチのバスかタクシーで入った方が良いですよ。
    それも大正池から散策を始められることをお勧めします。
    ここのところの風雨で心配ですが、紅葉の絨毯も素敵だと思います。
    早朝は零度近くになっているので寒さ対策もお忘れ無く。
    楽しまれますように♪

  4. 空の青と葉っぱの黄色が良いですね~
    是非、泊まりで行きたいです。
    荷物は厳選で少なくせねば・・・

  5. はじめまして♪
    カズモンさんとmo-chanママさんのとこから来ました、
    シロタママと申します。
    小梨平キャンプ場は私も数年前に焼岳登山のベースキャンプで
    利用しました。同じ黄葉の時期で、とても印象に残ってます。
    清々しいという言葉がぴったりあてはまる場所ですね。
    私はそれが初の上高地で、それ以来行ってません。
    (その後、ワン連れキャンパーになったので。。。笑)
    綺麗なお写真を拝見して、
    モーレツに行きたくなってしまいました〜♪
    朝焼け。。。のところ、上高地=神降地だなーって感動してたら
    私も同じように歓声で俗世に戻された経験あります(笑)
    また遊びにきます♪

  6. 隊長!!
    ご無沙汰です 遊です
    写真 癒されますね
    仕事ばかりで 紅葉も見に行けない遊ですが
    とても癒されました!
    これからもいい写真をよろしくです!!

    スケジュールがあえば次回またお会いしたいです。
    ところで綺麗な写真うちのHPでもつかわせていただいたよろしいですか?
    お礼は次回キャンプの久保田で!!!^^^

  7. >dekayellowさん
    小梨平は寝具、調理器具付きのバンガローやコテージもあるし、食材も現地調達できるから手ぶらで行っても大丈夫ですよ^^
    でも・・・やっぱりテント泊が一番ですけどね。
    是非計画してくださいね♪

    >シロタママさん
    はじめまして♪
    僕もお名前はお見かけしていました。どうぞよろしくお願いいたします(^-^)

    焼岳登山、僕は20年くらい前に経験しました。
    新緑の頃だったです。
    上高地はとても気に入っています。もう何回行ったか覚えていないくらい。
    歓声だけなら良いのですが、テント脇を通られたり、寒くないですか?どうしてココでキャンプしているんですか?と普通の質問攻めにもあいました(笑)
    キャンプ経験のない方だったら不思議なのかもしれませんね。
    モーレツに行きたくなったときがチャンスです^^
    雪の上高地も静寂感たっぷりでとても良いですよ(笑)
    コメントありがとうございました。
    またおいでください(^-^)

    >遊さん
    こちらこそご無沙汰していますm(__)m
    写真、癒されていただきありがとうです(笑)
    僕は通年キャンパーなので予定さえ合えばまたご一緒させてください!
    写真の使用については構いませんよ。ただ、表示に際して出展表記をお願いしますね。
    とりあえず著作権は持っていますから(笑)
    それと、僕は下戸なのでお礼は久保田ではなく別なモノがよいです(笑)
    お礼がゴアのシングルウォールテントなら著作権は放棄します(爆)

  8. テント泊は、直前の天気の様子で日程立てられたり、
    連泊での財布のダメージ少ないのと、
    朝起きて、テント出ればすぐに外なのが良いですね。

    せっかく行くなら2泊したいですね。

  9. そうですね。予約不要で機動力がよいのも魅力ですね。
    来年、暖かくなったらお出かけください(^-^)
    道具のスリム化のご相談はいつでも承りますよ~(笑)

  10. こんばんは(^・^)

    我が家の子ども達がもう少し大きくなれば、この季節にも行ってみたいです(^・^)

    写真がとても綺麗です(*^。^*)

  11. 僕も空を連れて行こうか随分悩みました。
    結局、自分が思いきり楽しめないのでやめた薄情なチチです(自爆)
    こういう風景を幼児の頃からたくさん見せてあげたいですよね。
    写真褒めていただいてうれしいです^^
    広角レンズ購入資金をどこで捻出しようかと思案中・・・(笑)

  12. カラマツ?黄色い紅葉大好きです。
    山肌の色付きも絶好調でいい時期に行かれましたね!
    目面しく雨もなく???

    道具から入ったくせに・・・(笑)
    私も道具に束縛されているようなキャンプはしたくないです。
    もっと説得力ないかな?

    ごはんを小梨平食堂で食べるっていうのもよい案ですね。
    栄養たっぷりでおいしそうですね♪
    小梨平で宇宙食はイヤだし(笑)

    いいですね~~自分の好きなように好きな時間。
    憧れるな。私も小梨平なら一人で行ってみたいデス。

  13. >道具から入ったくせに・・・(笑)
    mo-chanママから突っ込まれるとは予想外でした(笑)
    積み込みや設営・撤収に時間をかけるのはホントもったいないって気がつきましたもの。
    厳選した最低限の道具でよいですよね。
    小梨平食堂はお勧めです。是非お立ち寄りください^^
    のんびりした時間を過ごせてシアワセでした♪

  14. うふふ。↑このやり取り面白すぎます(^m^)

    いや~本当に良い天気に恵まれた2日間でしたね~。
    これもひとえに参加者全員の日頃の行いが良いのでしょうねー(笑)
    同じところを歩きながらなのでどうしても同じ景色の写真に
    なりますが、そうはいってもやはり構図や寄り方などは
    人それぞれになるので面白いですね~(^^)
    私が撮った写真まで載せていただきまして恐縮です!
    私も二眼で撮った写真を少しだけ写真ブログにアップして
    いってるのでお暇なときに見てやってくださいね~(半強制w)

    #昨日メール送ったのでヨロシクです~

  15. >これもひとえに参加者全員の日頃の行いが良いのでしょうねー(笑)
    はい。模範コメントです(爆)
    先ほどブログの写真を拝見しましたが、melさんの方が構図のセンスは良いと思いますよ。
    フィルムだからなのかしっかり考えて撮されているって感じますもの。
    僕は数うちゃ当たる・・・(自爆)

    メールの件はお手数でしたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です